<アジア大会>改良韓服姿の授賞式コンパニオン

<アジア大会>改良韓服姿の授賞式コンパニオン

2014年09月29日15時09分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
空色の改良韓服姿の仁川(インチョン)アジア競技大会授賞式コンパニオンにネットユーザーは「天女」というニックネームを付けた。彼女らは4年前の広州大会「チーパオ」コンパニオンと比較されながら外信に何回も紹介された。外国人の記念撮影要請も殺到している。写真左側からキム・ジュアさん、ユ・アヒョンさん、キム・ジフさん、クム・スクヨンさん、キム・スジンさん。
  仁川(インチョン)アジア競技大会には「天女」224人がいる。空色の改良韓服を着た授賞式コンパニオンにネットユーザーが付けたニックネームだ。AFP通信は「彼女たちが美しさの競演を見せている。北朝鮮美女応援団は参加しなかったが(天女が)代わりにスポットライトを受けている」と23日、報道した。

  授賞式コンパニオン16組のうち15組は仁荷(インハ)工業専門大学航空運航科の学生たちで構成された。航空乗務員を目指している彼女たちはアジア大会でとても特別な経験をしている。19歳と同じ年のキム・ジュアさん、ユ・アヒョンさん、キム・ジフさん、クム・スクヨンさん、キム・スジンさん(航空運航科1)と28日、アシアードメーン競技場で会った。授賞式で「優雅な10分」を演出するために彼女たちは朝から晩まで一日中忙しかった。

  キム・ジュアさんは「初めて天女服を見て『果たしてこれを着ることができるのだろうか』心配した。見慣れると仁川の空と波を形象化した青色が本当に美しかった。特に1人だけではなく数人が一緒にいるとさらに美しい服」と話した。彼女たちは競技開始3時間前にメーン競技場に集まって化粧をして行ってかつらをかぶる。それぞれがきちんとアイロンをかけてきた天女服に着替えるまでに1時間以上かかる。その後は各自が配分された競技場に移動する。

  授賞式コンパニオンは歩き方をすでに学校で習っている。それでも彼女たちは3カ月前から授賞式の進行訓練を別途に受けた。キム・ジフさんは「メダル授与用のお盆は小さなミネラルウォーターのボトル3本分の重さ。授賞式が長くなればそれを30分程度手に持っていなくてはならない」「ずっと笑顔でいなければならないので口の周りが痙攣(けいれん)する。お盆の重さのせいで首が重い時もある」と話した。

  天女たちは狭い控室でパンと牛乳という簡単な食事を取る。ユ・アヒョンさんは「私たちよりももっと大変なボランティアメンバーが多い。それでも一部ボランティアのせいで全体が非難されることもあり腹が立つ」と話した。

  天女は2010広州アジア競技大会コンパニオンと比較されて中国メディアに紹介されたりもした。キム・ジフさんは「私たちの衣装は伝統の粋をよく生かしている。また、現代的なシースルーで洗練美を加えている」として自負心を表した。

  彼女たちは23日、韓国の男子バドミントン団体戦の金メダル授賞に登場した。キム・スジンさんは「イ・ヒョンイル選手(34)が最後のシングルスで勝つと、選手たちが駆けつけてサンドイッチのようにもみくちゃになるのを見た。私も面白くてつい笑ってしまった」と話した。クム・スギョンさんは「5時間を越える接戦だったのに全く退屈ではなかった。愛国歌が鳴り響いたとき、深く感動した」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事