<アジア大会>日本バドミントンコーチ「敗北認定…『風』言い訳にしない」

<アジア大会>日本バドミントンコーチ「敗北認定…『風』言い訳にしない」

2014年09月25日13時34分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「エアコンの風操作」疑惑を提起した日本男子バドミントン代表チームが、アジア競技大会組織委員会(以下、組織委)の釈明を受けて、抗議する意思がないとの意を伝えた。

  日本のサンケイスポーツオンライン版「サンスポドッコム」は24日「舛田圭太・日本代表チームコーチがエアコンの風が日本に不利なように操作された可能性があるという疑いについて大会組織委に抗議するなどの措置を取るつもりがないという意向を伝えた」と報道した。

  これに先立ち日本バドミントン代表チームは21日、桂陽(ケヤン)体育館で開かれた大会団体戦準決勝戦でエアコンの風が日本に不利に操作された可能性があると主張した。

  これに対し組織委側は「20日に発生した停電の影響で21日は節電のためにエアコンをつけたり消したりを繰り返していた」と釈明した。

  このメディアによれば、舛田コーチは組織委の釈明に「教えてくれたら意図的な操作だと感じなかっただろうし、選手にアドバイスもできた。負けたことはわれわれに力がなかったと認めているし、(風を)言い訳に使う気は全くない」との意を伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事