韓国の免税店、中国人観光客向けに瀋陽マンションを景品に(1)

韓国の免税店、中国人観光客向けに瀋陽マンションを景品に(1)

2014年09月22日15時19分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
中国の国慶節(建国記念日)を控えてソウルを訪れた中国人観光客の団体が21日、ソウル明洞でショッピングをしている。中国人観光客600万人時代を迎え、ソウルに集中する中国人観光客を地方に拡散するためには、大型カジノやレジャー施設を拡充すべきだという指摘が多い。
  江原道襄陽(ヤンヤン)空港は「幽霊空港」と呼ばれていた。しかし今はもう昔の話となった。1月1日から9月22日まで(予約者基準)襄陽空港を利用した外国人は約15万2000人と、前年同期(約2万9000人)の5.2倍となった。開港後、昨年までの国際線の累積利用客が11万5000人にすぎなかったのに比べると、驚く変化だ。外国人利用客の大半(98.3%)を中国人である襄陽空港は今年、「中国人観光客特需」の効果をまともに得たのだ。

  襄陽空港が4月から「中国人72時間ノービザ入国空港」に指定されたのが決定的な契機となった。定期便を運航する上海路線のほか、チャーター機で中国各地域から観光客を乗せてくる10余りの不定期便があり、江原道地域に対する認知度が高まった。観光地の繁華街はもちろん伝統市場にまで中国人観光客が流入し、商人も喜んでいる。

  江原道庁の調査によると、中国人観光客は雪岳山・洛山海水浴場・鏡浦台など主要観光地を回り、2日間で平均24万8000ウォン(約2万5000円)を使うことが分かった。消費性向が強い中国人観光客は地域の内需経済には「恵みの雨」のような存在だ。このために中国人観光客を引き込むために企業はもちろん、地方自治体も動いている。地方自治体が中国人観光客の引き込みに動きながら、中国人ノービザ乗り換え空港は6カ所(仁川・金海・清州・襄陽・務安・大邱)に増えた。

  昨年全国を合わせて最も少ない数の中国人観光客を誘致した光州広域市も最近は力を注いでいる。民選第6期核心事業として「中国と親しくなる」ことを推進中の尹壮鉉(ユン・チャンヒョン)光州市長は、就任後の最初の出張先に中国・北京を選択し、現地の旅行会社と業務協約を結んだ。

  企業は地方自治体より先に中国人需要の重要性に目を向けた。低迷する内需市場で韓国人が財布を開かない中、中国人観光客の消費ばかり増え、観光客への「一度の販売」として無視できないレベルになっている。特に流通業界は以前になく中国人誘致競争をしている。主な免税店の場合、中国人の比率が半分近く占め、事実上、売り上げを支えている。上半期の売上高が前年比24%増となったロッテ免税店の場合、昨年末45%だった中国人の比率が今年は50%に増えた。一方、韓国人の比率は30%台に落ちた。会社側としては中国人客の誘致に死活をかけなければならない立場だ。

  ロッテ免税店は韓流スターと交渉し、外国人顧客を対象にしたコンサートを開いている。先月29日に開かれた「ロッテ免税店ファミリーコンサート」には、ドラマ『星から来たあなた』で韓流スターに合流した俳優キム・スヒョン、パク・ヘジンのファンミーティングを開き、約1万6000人の中国人が集まった。会社は公演観覧客のために32機のチャーター機を動員した。

  業界1・2位のロッテ免税店と新羅免税店は中国国慶節(建国記念日)連休(10月1-7日)とアジア競技大会期間を迎え、中国顧客を対象に景品イベントを進める。ロッテ免税店は中国瀋陽にあるロッテキャッスルマンションを、新羅免税店は中華圏で人気がある俳優イ・ジョンソクとの食事の機会(往復航空券と食事券)を景品に出した。

韓国の免税店、中国人観光客向けに瀋陽マンションを景品に(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事