<アジア大会>柔道女子キム・ジャンディ-山本杏決勝戦、週末のAG最高視聴率

<アジア大会>柔道女子キム・ジャンディ-山本杏決勝戦、週末のAG最高視聴率

2014年09月22日10時42分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
キム・ジャンディ(写真)が出場した柔道女子57キロ決勝が、先週末に中継放送された2014仁川アジア競技大会競技で最高視聴率を記録した。
  キム・ジャンディ(23、楊州市庁)の出場した柔道女子57キロ級決勝が先週末中継放送された2014仁川(インチョン)アジア競技大会競技で最高視聴率を記録した。

  視聴率調査機関ニールセンコリアは21日午後7時53分ごろ、SBS(ソウル放送)によるキム・ジャンディと山本杏の試合視聴率が13.2%と集計されたことを22日、明らかにした。同日午後8時15分からSBSを通じて放送された丁多雲(チョン・ダウン、25、楊州市庁)と中国の楊俊霞による柔道女子63キロ級決勝の視聴率は全国11.4%で2位を記録した。

  1時間前の朴泰桓(パク・テファン)の出場で関心を集めた水泳男子自由形200メートル決勝(SBS)は全国視聴率11.3%でその後に続いた。SBSは「決選で朴泰桓が銅メダルを決定するタッチパッドに触れた瞬間、視聴率は12.9%まで上昇した」と伝えた。

  競技初日の20日、中継放送のうち視聴率1位はイ・ラジン(24、仁川中区庁)がキム・ジヨン(26、益山市庁)を破ったフェンシング女子サーブル個人決勝(10.1%)であることが分かった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事