検察捜査に拡大するサムスンとLGの洗濯機戦争

検察捜査に拡大するサムスンとLGの洗濯機戦争

2014年09月15日08時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  サムスン電子は14日、海外の家電量販店に陳列された自社の洗濯機数台を壊し名誉を傷つけた容疑でLG電子生活家電(HA)事業本部の趙成珍(チョ・ソンジン)社長と同社役員ら5人に対し検察に捜査を依頼したと明らかにした。破損したサムスンの洗濯機はすべて最近ドイツのベルリンで開かれた家電見本市IFA2014の期間に合わせ現地で販売用として発表した製品だ。

  サムスン電子側はこの日、「趙社長をはじめとするLG電子の社員らが3日に欧州最大量販店サターンのベルリン欧州センター店とシュテーグリッツ店に展示されたサムスン電子のドラム洗濯機『クリスタルブルー』のドアを傷つけた」と話した。このうち2人のLG電子役員は欧州センター店でサムスンの洗濯機を傷つけたのを店員に見つかり、洗濯機4台分の料金を支払わされたとサムスン側は伝えた。

  これと別にサムスン電子が現地の他の店舗の洗濯機を点検していたところ、シュテーグリッツ店のクリスタルブルー洗濯機3台がやはり同じ形で壊された事実を発見し現地警察に通報した。サムスン側は、「ドイツ警察が防犯カメラを確認した結果、スーツ姿の東洋人男性数人が製品を調べ、そのうちの1人が洗濯機のドアに両手で力をかけて数回押した後に現場を離れる場面を確認した」と話した。サムスン電子はLG電子の趙社長がシュテーグリッツ店で製品を壊した人物だと指摘した。趙社長は“洗濯機博士”というニックネームがあるほどLG入社から28年間にわたり洗濯機事業一筋に没頭してきた人物だ。

  サムスン電子側は、「海外で競合会社の製品を傷つけながら、わが社の戦略商品をおとしめる目的でうその釈明に一貫しており、事実関係を確認する次元から司法機関の判断を求めることにした」と話した。

  検察は15日、この事件を経済担当部署であるソウル中央地検刑事4部に割り当て本格捜査に着手する予定だ。検察関係者は、「被害者が直接名誉毀損容疑を含めて捜査を依頼したため通常の告訴事件として受理した」と明らかにした。検察はまた、「サムスン側から防犯カメラの録画資料を提出させLG関係者が洗濯機をわざと破損したのかどうかなど客観的事実関係から確認する方針だ」と説明した。

  LG電子は故意に壊す意図はなかったと反論した。LG電子はこの日資料を出し、「特定企業の製品を破損しイメージを失墜させる意図があったとすれば、あえて役員が直接そうした行為をする理由はない。海外出張時に競合会社の製品を調べるのはどの企業でも通常行っていること」と主張した。また「他の会社の洗濯機と違い該当モデルは洗濯機本体とドアをつなぐ部分が相対的に弱かった」と付け加えた。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事