<セウォル号>チキンvs犬のエサ…人格卑下に向かう光化門(1)

<セウォル号>チキンvs犬のエサ…人格卑下に向かう光化門(1)

2014年09月11日11時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  断食と暴食の衝突。最近、韓国社会の保守・進歩の対立はこのように極端な2つの単語に要約される。進歩陣営がソウル光化門(クァンファムン)広場でセウォル号特別法制定を要求してリレー断食座り込み(ハンガーストライキ)を継続すると、一部の保守派の人々がそのそばでチキン・ピザなどをこれ見よがしに食べる姿を演出した。

  6日、保守指向のインターネットサイト「日刊ベスト貯蔵所」(以下、イルベ)の会員たちと保守大学生団体の会員100人余りが別名「光化門お弁当外出」を行った。彼らは進歩派の人々がセウォル号特別法制定のための断食座り込みを行っている現場で、ハンバーガーやピザなどの食べ物を取り出した。セウォル号惨事国民対策会議側は、「イルベ会員の皆様の食事場所」と書かれたパラソルをあらかじめ設置した。「私たちが用意した食卓で、あなた方がここに座る行為がどういう意味なのか深く省察してみることを望む」という立場を明らかにしながらだ。食卓をはさんでイルベなどの「お弁当外出」を遠回りに批判したのだ。

  だが進歩派のこうした対応はイルベ主導の「暴食嘲弄」に続いて対立がより一層激しくなった。合理的な批判は消え、人身攻撃性の非難ばかりが乱舞する慢性的な保革対立の様相が繰り返されたのだ。

  実際この日、光化門広場では断食する人たちと、これをばかにするために食べ物を持ち出した人たちが正面衝突した。イルベなど保守派の人々は「政治的賭けに苦しむ光化門広場を回してほしい」として断食する人たちの前で食べ物を食べた。事業家だと明らかにしたある市民は「イルベが国の中心を守っている。たくさん食べて今後も国を守ってほしい」と話した後、現場でピザ約100枚を寄付した。イルベ会員たちはこれらを食べて断食中のセウォル号遺族テントの前を闊歩することもした。また別の参加者はセウォル号遺族を「暴徒」や「アカ」などと言って政治攻勢を繰り広げた。イルベの象徴である指の形をつくって断食座り込み場を背景に認証写真を撮る参加者もあちこちで目についた。この過程でセウォル号対策会議側との間で大声が飛び交うなど感情的な対立が激しくなった。

<セウォル号>チキンvs犬のエサ…人格卑下に向かう光化門(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事