直径20メートルのグアテマラのシンクホール…3階工場を飲み込む

直径20メートルのグアテマラのシンクホール…3階工場を飲み込む

2014年08月28日13時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
2010年グアテマラで発生した直径20メートルのシンクホール。3階建ての工場を飲み込んだ。(写真=中央フォト)
  2010年5月、グアテマラ・グアテマラシティ工場地帯の一部が地下に消えながら直径20メートル、深さ30メートルのシンクホールができた。この過程で3階建て高さの工場がそのまま崩壊し15人が亡くなった。3年前の2007年、住宅街に深さ100メートルのシンクホールが発生して5人が亡くなったことに続く惨事だった。台風がもたらした洪水と下水管の不良管理が原因だった。グアテマラのこれらのシンクホールは地下乱開発を警告する象徴的な事例になった。「悪魔の穴」と呼ばれるシンクホールが世界的に注目され始めたのは2000年だ。シンクホールは地盤沈下の速度により2種類に分類される。

  グアテマラのシンクホールのように地表面が突然沈む場合と地表面が数年あるいは数百年かけて少しずつ沈下する場合だ。

  関東(クァンドン)大学のパク・チャングン教授(土木工学)は「シンクホールは結局地盤が沈下する現象を指すが、最近問題になっているのは地盤が突然沈下して被害が発生する事例」と説明した。

  シンクホールは中国・米国・メキシコなどで主に確認されている。雨水などに溶け流れやすい石灰岩地帯を地層に含んでいるような場所だ。中国では2009年以降シンクホールが頻発し、政府次元で調査を行っている。四川・浙江省など主に大陸南部地域に集中している。中国地質調査局は昨年「地盤崩壊が主に発生するところは石灰岩でできたカルスト地帯」とし「突然の洪水などで土砂が巻きこまれながら地表面が崩れ落ちたもの」と明らかにした。「聖なる泉」と呼ばれるメキシコ有名観光地セノーテ(cenote)の水中洞窟もシンクホールだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事