俳優・大谷亮平、『朝鮮ガンマン』降板後、未公開写真で挨拶

俳優・大谷亮平、『朝鮮ガンマン』降板後、未公開写真で挨拶

2014年08月25日17時14分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優の大谷亮平
  日本出身の俳優・大谷亮平がKBS(韓国放送公社)第2テレビの水木ドラマ『朝鮮ガンマン』の視聴者たちに最後の挨拶を伝えた。

  先週放送された『朝鮮ガンマン』で死んでしまいドラマを降板した大谷亮平は、撮影現場の未公開写真を公開して残念な別れを伝えた。写真の中で大谷亮平は、強いカリスマ性とソフトな印象が共存する深い目で視線をとらえていた。

  劇中イ・ジュンギの強固な助力者・カネマル役で出演した大谷亮平は21日に放送された第18回でイ・ジュンギに代わって銃に撃たれて無念の死を迎えた。特に大谷亮平は、劇中で黙々と自身が引き受けた任務を尽くし、最後までイ・ジュンギへの義理を守る底力のある演技で視聴者たちから高い評価を受けていた。

  ドラマ『朝鮮ガンマン』や映画『鳴梁(ミョンリャン)』に同時出演して関心が集まっていた大谷亮平は、近く次期作を確定して、引き続き活発な活動を続ける予定だ。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事