柳興洙・新任駐日大使「雨降って、地固まる」

柳興洙・新任駐日大使「雨降って、地固まる」

2014年08月21日08時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
柳興洙(ユ・フンス)
  韓国政府は20日、柳興洙(ユ・フンス)韓日親善協会理事長(77)を駐日大使に公式任命した。柳新任大使は6月に国家情報院長に任命された李丙ギ(イ・ビョンギ)前大使の後を継いで対日外交の第一線を担当することになった。柳大使はこの日、日本メディアとの懇談会で「今、韓日関係には雨が降っているが今後、関係は一層固くなると信じている」として「雨が降った後に地が固まるということわざが韓国にもある」と話したと共同通信が伝えた。日本で幼少期を過ごした柳大使は1980年代に京都大学で1年間学び、国会議員時期に韓日議員連盟幹事長をつとめた。柳大使は21日、朴槿恵(パク・クネ)大統領から信任状を受けた後23日に日本に赴任する。

  慶尚南道陜川(キョンサンナムド・ハプチョン)出身の柳大使は、京畿(キョンギ)高校・ソウル法大を出て62年に高等考試に合格し、ソウル市警察局長や治安本部長(現警察庁長官)を歴任した。85年に政界入りし12・14・15・16代国会議員をつとめた。。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事