女優ソン・ヘギョ「25億ウォンの過少申告、認知していなかった」

女優ソン・ヘギョ「25億ウォンの過少申告、認知していなかった」

2014年08月19日15時23分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
女優ソン・ヘギョ(写真=UAAエンターテインメント)
  女優ソン・ヘギョが19日、税金未納に関し公式立場を明らかにした。

  ソン・ヘギョの法務法人ザ・ファームは「2012年に国税庁から『費用に関する証明が適切でなく、認められない』という指摘を受けるまで、税務代理人による申告に問題があったことを全く認知していなかった」と釈明した。続いて「通常の芸能人の年間収入に対する課税対象所得率は56.1%だが、今回の税務調査を通じてソン・ヘギョは税務申告を代理する税理士の職員の業務上の誤りのため、通常の所得税の2倍近い重課税と加算税まで納付した」と明らかにした。また「ソン・ヘギョは2年前に税務調査を通じて課された追徴税金および加算税をすべて納付したが、無知による誤った税務処理について深く反省している」と伝えた。

  ソン・ヘギョは2012年、ソウル地方国税庁の税務調査過程で2009年から3年間、総合所得税を申告した当時、旅費交通費など59億5300万ウォン(現在の為替レートで約6億円)のうち92.3%にあたる54億9600万ウォンをいかなる支出証明書類なく必要経費に算入して申告し、摘発された。

  ソウル地方国税庁は当時、ソン・ヘギョがこれを通じて、2009年帰属の総合所得税7億8500万ウォン、2010年帰属の総合所得税8億1800万ウォン、2011年帰属の総合所得税9億5400万ウォンなど計25億5700万ウォンを過少申告したと把握した。

  現在ソン・ヘギョは、ソウル地方国税庁の調査結果を受け、該当金額と加算税をすべて納付した状態だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事