【取材日記】ユニオンシティ日本軍慰安婦碑の前で…

【取材日記】ユニオンシティ日本軍慰安婦碑の前で…

2014年08月06日08時34分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  4日(現地時間)、米ニュージャージー州ユニオンシティにもう一つの日本軍慰安婦碑が設置された。米国で7つ目の慰安婦碑だ。碑石には「韓国をはじめ、各国の数多くの女性が日本軍によって『性的奴隷(Sexual Slavery)』として強制動員された」という内容が刻まれた。

  慰安婦碑が設置されたところからは、米国の心臓というニューヨーク・マンハッタンを見渡せる。数歩離れたところには米同時多発テロの犠牲者の追悼碑がある地域の名所だ。一日にマンハッタンとニュージャージーを行き来する数十万台の車がこちらを通る。ユニオンシティ側は、より多くの人が日本軍慰安婦問題の蛮行を再確認し、慰安婦被害者を慰霊できるよう慰安婦碑の場所をここに決めたと説明した。

  今回の慰安婦碑設置は米地方政府が積極的に主導した。韓国人社会が主導権を握って政界を動かした他の地域の慰安婦碑設置とは展開の過程が違った。ユニオンシティの関係者は基本人権蹂躪という慰安婦問題の本質に目を向けた。ルシオ・フェルナンデス市会議員は「慰安婦問題はホロコースト(ユダヤ人大虐殺)と同じ」と述べた。ブライアン・スタック市長は「慰安婦碑は過去にどんなことがあったのかを後世に教育し、同じ過ちを繰り返さないためのもの」と語った。

  この日の除幕式の主人公は日本軍慰安婦被害者の李玉善(イ・オクソン)さん(87)と姜日出(カン・イルチュル)さん(86)だった。不自由な体で韓国から訪問してきた2人の女性は自分たちが体験した惨状を証言した。李玉善さんは「私たちは強制的に連れて行かれたが、日本は韓国の女性を一度も強制的に連れて行ったことがないという。これが正しいのか。慰安婦は人が生きるところではなく、人を殺す屠殺場だ」と絶叫した。李さんの体は震えた。

  除幕式に出席した住民の多くが涙を流した。カルメン・リベラさんもその中にいた。彼女は「おばあさんたちは本当に勇敢だ。本当に誇りに思う。今後、毎日、彼女たちのために祈る」と話した。

  李玉善の話の中には、我々が、韓国政府が反省すべき部分がある。李さんは「もともと国と国が解決するべきだが、数十年間、雨が降っても雪が降っても、寒くても暑くても、毎週水曜日に日本大使館前に立ってきたが、謝罪を聞くことができなかった」とし「私たちの力では不可能であり、遠方まで訪ねてきた。私たちの名誉回復を助けてほしい」と訴えた。

  慰安婦被害者は死力を尽くして、自分たちが日本政府が否認する強制動員慰安婦の証人であることを知らせている。日本の真の謝罪を受けるため、韓国政府と我々は最善を尽くしているのか自問してみる時だ。

  イ・サンリョル ニューヨーク特派員
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事