【コラム】「韓国製造業の危機」…中国発の災難の前兆なのか

【コラム】「韓国製造業の危機」…中国発の災難の前兆なのか

2014年08月04日11時00分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  このところ「韓国製造業の危機」という話がしばしば議論される。その原因として指摘されるのが「チャイナインパクト」だ。業況を見れば衝撃の強度を実感することができる。韓国IT技術の自尊心というサムスンのスマートフォンは華為、小米など中国ブランドの攻勢でその地位が揺らいでいる。船舶業界ではすでに遠い昔にグローバル盟主の座を中国に明け渡さなければならなかった。中国から怒涛のように流れ込む鉄鋼は韓国の産業基盤を揺さぶっている。これまで世界3位の鉄鋼メーカーだったポスコは河北、宝山、武漢などの中国メーカーに押され6位に落ち込んだ。

  韓中修交22年、中国は韓国経済に祝福のような存在だった。韓国は世界の工場である中国に部品を輸出し、彼らと成長の恩恵を分かちあうことができた。1997年の通貨危機、2008年の金融危機の際には危機克服の力を中国に求めたりもした。そんな中国がいまや韓国の産業を脅かす存在に急変したのだ。業界は「中国は祝福ではなく災難を与える存在に変わっている」と懸念する。

  中国の変化がもたらした現象だ。「祝福」だった時期、中国と韓国は分業で互いによいパートナーだった。韓国は中間財を作り、中国は組み立てる形式だった。しかし中国は中国に進出した外国投資企業を含め自国企業の技術力が高まり、「もう1人ですべてやる」と言い出した。部品と組み立てを合わせたフルセット産業構造を備えていきつつあるので可能な話だ。韓国の輸出が打撃を受けるほかない。1~7月の対中輸出は前年同期より1.2%減った。

  専門家らは「災難の時期」、中国はブラックホールのような存在として近寄ると話す。KOTRAのパク・ハンジン中国事業団団長は、「ややもすると韓国の産業が根こそぎ中国に吸い込まれかねない」と懸念した。実際に韓国の代表IT商品である半導体工場が中国に行っている。先端LCDはすでに中国に工場を移した。韓国の高級雇用がブラックホールの中国に巻き込まれる格好だ。

  「祝福か、そうでなければ災難か」を決める要素は簡単だ。技術だ。韓国が中国に比べ技術優位を守ることができるならば祝福であり、そうでないならば災難であるだけだ。期待をかけている韓中自由貿易協定(FTA)やはり同様だ。競争力を備えた商品があるならば中国は韓国の内需市場になり、そうでないならば韓国は自国の市場すらも中国に明け渡すことになるところだ。

  結局韓国の問題だ。20年余り中国の成長により形成された東アジアの分業構造に韓国が能動的に対応し祝福を享受したように、いまは「ブラックホール」に堂々と対抗できる強力な産業構造を組まなければならない。技術革新のため国レベルの研究開発能力を育てなければならず、投資を韓国に引き込むことができる企業環境を備えなければならない理由だ。

  いまの「製造業危機」は果たして中国発の災難の前兆だろうか? 中国ではなく韓国自ら答えなければならない問題だ。

  ハン・ウドク中国研究所所長

  
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事