イスラエルが遊び場空襲…ガザで子供9人死亡

イスラエルが遊び場空襲…ガザで子供9人死亡

2014年07月30日08時47分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  イスラエル軍が28日(現地時間)、パレスチナのガザ地区難民村の遊び場を空襲して子供9人を含む10人が亡くなったとAP・AFP通信が報道した。通信はパレスチナ医療当局を引用し、この日イスラエル側が撃ったミサイル1発がガザ西部のシャティ難民村内の公園の遊び場に落ちて12歳以下の子供9人が命を落としたと伝えた。しかしイスラエル軍の報道官ピーター・ラーナー中佐は今回の攻撃を否定して「パレスチナ武装団体のロケット砲弾が飛んで行ったもの」と主張した。

  ハマスのサミ・アブ・ズリ報道官は「(ベンヤミン)ネタニヤフ(イスラエル首相)の威嚇にはハマスもパレスチナ住民も恐れない」としながら「イスラエルは民間人と子供の大虐殺に対する代価を支払うことになるだろう」と話した。ネタニヤフ首相は「私たちの国民は、ロケットとトンネルの脅威の中で生きることはできない」として「私たちを殺すために建設されたトンネルを除去せずには、今回の戦争を終わらせることはできない」と話した。さらに「長期戦に備えなければならない」と話した。ネタニヤフ首相の言葉が終わるやいなやイスラエル軍は28日夜から29日未明にかけてガザ地区を60回空襲した。ハマス指導者であるイスマイル・ハニヤの家やテレビ放送局などが目標だった。

  ハマスの対立政派であるパレスチナ解放機構(PLO)が29日に24時間の休戦を提案するとハマスは「これを遵守する」と明らかにした。イスラエル側は「ハマスが直接伝えなければ真剣な提案ではない」として拒否した。PLO側の休戦提案は、イスラエルがガザ地区の唯一の発電所を爆撃して180万人のガザ住民たちの電気供給を実質的に遮断した後に出てきた。

  ガザではイスラエルが8日に空襲を始めてからこれまでに1100人余りが命を落とし、イスラエルも民間人3人など56人が亡くなった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事