パリに進出した韓国ベーカリーブランド「パリバゲット」…韓国式パンも登場

パリに進出した韓国ベーカリーブランド「パリバゲット」…韓国式パンも登場

2014年07月24日14時08分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
22日にオープンした韓国ベーカリーブランド「パリパゲット」のシャトレー店。(写真提供=SPC)
  “バゲットの都市”パリに韓国ベーカリーブランド「パリバゲット(PARIS BAGUETTE)」が進出した。SPCグループは23日、韓国のベーカリーブランドとしては初めてパリバゲットが仏パリに進出したことを発表した。

  22日(現地時間)にオープンしたパリのシャトレー(Chatelet)店はポンヌフ橋、ノートルダム聖堂、ルーブル美術館などパリの代表的な名所が密集した地域に場所を構えた。パリ1区の地下鉄シャトレー駅とシャトレー劇場の間にオープンした面積200平方メートル、座席46席規模のカフェ型店舗だ。

  仏ベーカリー市場は大衆ベーカリーと店で職人が伝統的な方法でパンを焼く「アルチザン・ブーランジェリー(Artisan Boulangerie)」とに分かれている。パリバゲット・パリ店は最高級アルチザン・ブーランジェリーを標ぼうしてフランスパン、ペーストリー、サンドイッチなど100種余りの製品を出した。会社関係者は「フランスの熟練したパン職人を採用して韓国最高の技術人材を派遣した」と自信をのぞかせた。この他にも生クリームケーキやハムとチーズで作った調理パンのような“韓国式”製品も出して現地のベーカリーとは差別化を図る戦略だ。会社関係者は「入店を待つ列ができるほど現地人からの反応が良い」とし、「一番人気のある製品がバゲットとクロワッサン」と話した。

  SPCグループは1988年にフランス風正統ベーカリーを標ぼうしてパリバゲットを立ち上げ、97年韓国ベーカリー市場でシェアトップを誇った。2004年9月中国上海に店舗を出して海外市場にその第一歩を踏み出した後、米国、ベトナム、シンガポールに進出し、現在は海外181店舗を運営している。SPCグループの許英寅(ホ・ヨンイン)会長は「中国、米国、シンガポールなどに続き仏パリに進出し、パリバゲットが名実共に韓国が作ったもう一つのグローバルブランドになることを期待したい」とし、「これまでパリバゲットが仏ベーカリー文化を韓国内に紹介してきたブランドとすれば、未来のパリバゲットはフランスから出発してグローバル市場に羽ばたいていくブランドになるだろう」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事