<韓国兵銃乱射>「部隊生活に不満の脱営兵、小哨員を相手に計画犯行」

<韓国兵銃乱射>「部隊生活に不満の脱営兵、小哨員を相手に計画犯行」

2014年07月16日15時43分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  先月21日に東部の第22師団GOP(一般前哨)で発生した銃乱射事件は、部隊生活に不満を抱いたイム兵長が行った計画犯罪という結論を出したと、軍当局が15日明らかにした。陸軍中央捜査団は「全小哨員を犯行の対象とし、手りゅう弾の解体や銃器の装填などを落ちついて行動した点、手りゅう弾投下場所を自分が避難しやすいところに選んだ点などを考えると、計画的な単独犯行と判断できる」と明らかにした。

  犯行の動機については「(イム兵長が)一部の同期生があだ名で呼んでからかい、新兵2人が敬礼をしないなど自分を無視する行為のため、このような問題を起こした」とし「特に犯行当日の午後、巡察日誌に自分を表す絵が増えるのを見て犯行を決心した」と説明した。

  確認の結果、巡察日誌の表紙に描かれた計67個の絵のうちイム兵長を表した絵は16個で、主に漫画キャラクターの「スポンジボブ」やイム兵長がラーメンが好きなことを描写した「ラーメン戦士」などだった。小哨員は「小さないたずらと思っていた」と話した半面、イム兵長は「深刻なストレスを受けた」と語った。イム兵長が集団いじめを主導したと話す副小銃長は当時、休暇のため事件を免れた。今回の事故で死亡した兵士5人は弾皮など確認調査の結果、すべてイム兵長に撃たれて死亡したことが明らかになった。

  特に、チェ・デハン一等兵は手りゅう弾の破片を浴びて倒れながら、逃走するイム兵長を見て「ここにイム兵長がいる」と叫んだところ、イム兵長に銃で撃たれて死亡したことが確認された。また、キム・ギョンホ一等兵は破片で傷を負った負傷兵を助けて避難する途中に射殺された。

  軍の対応問題に関する疑惑はほとんど事実であることが明らかになった。イム兵長が逃走する過程で6回も軍兵力と出くわしたが、そのまま通過したことを、軍は認めた。また、追跡の過程で交戦はなく、けが人が出たのはすべて追跡隊の間の誤認射撃のためだと明らかにした。軍当局は警戒部隊の管理および戦闘準備などに対する指揮監督が徹底されていなかったとして、第22師団長をはじめ、該当連隊長以下の中隊長まで職務解任した。また、緊急部隊診断を通じて、GOP勤務に適していないと判断される兵士約150人を後方へと職務調整した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事