【コラム】容疑者1人捕まえられない「見掛け倒し」の検察・警察=韓国(1)

【コラム】容疑者1人捕まえられない「見掛け倒し」の検察・警察=韓国(1)

2014年07月14日14時42分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  兪炳彦(ユ・ビョンオン)を逮捕すれば終わりというわけではない。始まりに過ぎない。4・16セウォル号惨事による国民の悲しみ、幼い高校生たちの犠牲、そしてその教訓。国家改造や官僚マフィア清算、社会安全網の再整備に向かう道のりは遠い。ところで、これまで惨事の宿主である73歳の容疑者1人捕まえられないままだ。これまでの検察と警察の「成績表」を見てみよう。

  「髪の毛1本も探せない。検察・警察でも足りず陸海空軍に探知犬まで動員。懸賞金は史上最高5億ウォン。コメディのような全国民臨時町内会。占い師の予言までもらって捜索。拘束令状期間22日満了。五里霧中」。

  大統領ももどかしくて「兪炳彦1人捕まえられないとは話になるか」と腹を立てた。国民と遺族の失望も限界に達した。だから検察・警察の心情はさぞかし辛いだろうか。体はくたくたに疲れ、胸中は真っ黒になってしまった。次第に痛ましくなる。それでもこれは違う。大韓民国の最高の捜査陣を総動員しても高齢者と一部の救援派に嘲弄されているからだ。いったい投入された捜査人員と国民の税金がどれほどになるのか。

  それならば兪炳彦が神出鬼没だったのだろうか。魔法を使ってあっという間に錦繍院(クムスウォン)から順天(スンチョン)・海南(ヘナム)・首都圏などの地へ逃走して、妖怪のように変装でもするのか。でなければ快速艇よりさらに速く泳いで海外に脱出したのだろうか。それで徒労ばかりに終わるなら方法がない。だが検察・警察は少なくともこの瞬間までは「見掛け倒し」だった。

  まず検察が傲慢だった。最高の剣闘士だというチェ・ジェギョン仁川(インチョン)地検長とキム・フェジョン特別捜査チーム長は、初めは頼もしく見えた。「検察と法の権威に挑戦した巨悪腐敗企業家・兪炳彦と彼の息子を最後まで追跡・検挙して裁判の最高刑の審判を受けるようにする」と豪語した。京畿道安城(キョンギド・アンソン)の錦繍院を2回探した。大統領の言葉ひと言で軍隊まで動員した。結果は空しかった。疲労にやつれた捜査官が錦繍院の講堂に発砲スチロールを敷いて寝る場面が公開され、恥さらしなだけだった。ボールを1人占めしようとしたが、狙いが外れて足で空振りしたのと同様だ。

  検察・警察間の行き違いもあった。検察は弟分の警察と初めから体系的に協調しなかった。弟に尋ねることを恥とせず(下問不恥)、毛細血管のような弟の組織網を活用するべきだった。ところが自尊心ばかりが先立った。初動対応が不十分だったし、逮捕作戦も任せなかった。警察が「手にしたところで我々のボールではない」として形式的な「ロボット検問捜査」をした原因になった。

【コラム】容疑者1人捕まえられない「見掛け倒し」の検察・警察=韓国(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事