【コラム】漢江の奇跡…その裏の歴史を知らせよう(1)

【コラム】漢江の奇跡…その裏の歴史を知らせよう(1)

2014年07月14日11時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ドイツ自動車のテレビ広告は似たパターンが多い。車1台がスピーディーに森の道をあっという間に走り抜け、古風な邸宅の前に軽く止まる。その時、他の自動車ブランドでは見られない、ドイツ車特有の精巧さを誇るドイツの独歩的なエンジニアリング技術に関する説明が続く。

  このような広告は、ドイツがグーテンベルクによる世界初の大量聖書印刷にまで遡る科学とエンジニアリングの驚くべき伝統を持つという事実を、誰もが知っているからこそ通用する。それだけではない。マックス・プランク、アルベルト・アインシュタイン、そしてプログラミングが可能な最初のコンピューターを発明したコンラート・ツーゼなど、傑出した科学者を排出した国がドイツだ。ドイツのエンジニアリング技術レベルは、こうした広告を見る人にあえて説明しなくてもよいほど十分に知られている。簡単に言えば、ドイツのエンジニアリングは別に注釈を付けなくてもよいほど信頼が構築されているということだ。

  韓国製の自動車は過去10年間に世界市場で驚くほど成長したおかげで、欧州でも韓国車の愛好家が多い。とはいえ、韓国自動車業界がドイツのように製品広告をすることはできない。多くの西欧人は韓国文化が中国や日本とどう違うか知らない。さらに1990年代以前まで韓国の科学・技術と先進国の間の乖離は大きかった。

  しかし韓国が持つ技術的な優秀性の根は深い。問題は、それほど立派で長い伝統にもかかわらず、西欧にはその伝統が知られていないという点だ。実際、韓国のそのような伝統を知る人は米国の大学にいる少数の人たちだけで、この人たちが英語で書いた論文もほとんどは学者を対象にした学会誌に掲載されたものだ。

  我々は韓国の技術的な優越性を世界的に人気がある文化の一部にしなければいけない。韓国人はそうする必要があるうえ、自らそうしなければならない。韓国人が自分たちの優秀な文化が西欧にあまり知られていない点を嘆く度に、私は率直にこのように話す。今の時代、韓国の文化はもともと卓越しているので外国人が自動的に韓国を理解するものだと期待するのは禁物ということだ。韓国は外国人が容易に接近できるよう、自分たちの文化を体系的に知らせる必要がある。

【コラム】漢江の奇跡…その裏の歴史を知らせよう(2)
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事