復帰戦確定の秋山成勲「退屈な判定勝負より派手なKO負けのほうがいい」

復帰戦確定の秋山成勲「退屈な判定勝負より派手なKO負けのほうがいい」

2014年07月09日10時29分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
「UFN52」での復帰戦が決まった秋山成勲
  秋山成勲(韓国名チュ・ソンフン)の対決スケジュールが確定した。

  秋山成勲は9月20日に日本で開かれるUFCサブイベント「UFN52」でオーストラリアのベテランファイターのカイル・ノーク(34、ジャクソン・ウインクMMA)と戦う。

  カイル・ノークはMMA戦績20勝7敗1引分けを持つベテランだ。UFC戦績は4勝3敗。

  秋山成勲は最近のインタビューで「退屈な判定勝負をするくらいなら壮烈なKOで負ける方を選ぶ」と話していた。秋山成勲はこの競技で敗れた場合、事実上引退する可能性が高い。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事