【時論】世論裁判に踏みにじられた自由民主主義=韓国(1)

【時論】世論裁判に踏みにじられた自由民主主義=韓国(1)

2014年07月07日15時58分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  1950年6月25日日曜日午前4時! 北朝鮮は作戦名「暴風」で韓国に対する全面戦争を開始した。約65年が過ぎた2014年のその日に、韓国戦争(朝鮮戦争)と自由民主主義を振り返る貴重な経験をした。故李承晩(イ・スンマン)大統領が59年に設立した原子力研究所と、故朴正煕(パク・ジョンヒ)大統領が70年に創設した国防科学研究所を見学することができた。原子力研究所は韓国標準型原子力発電を開発し、世界最高レベルの技術を確保し、今では原発の輸出もしている。国防科学研究所は玄武、海星、新弓、天弓、白鮫、青鮫、紅鮫、K2戦車、K9自走砲、K11複合型小銃、犬馬型ロボット、ボラメ戦闘機など、どこに出しても遜色のない自主国防武器開発の産室であり、軍需品輸出の拠点となった。

  我々の前の世代はなぜこのような努力をしたのか。それは、自由民主主義を守るためだ。韓国戦争当時、国家滅亡の危機に追い込まれた韓国は国連軍の支援でかろうじて自由を守った。しかしその後は自ら自由を守らなければならなかった。韓国戦争が残した教訓は、自由は決して無料でない(Freedom is not free)という点だ。3年間の戦争は約260万人の命を奪った。北朝鮮の住民約300万人は共産主義を脱出し、自由を求めて韓国に越えてきた。現在、我々が享受する自由は同族同士の凄絶な戦争で守られたのだ。

  北朝鮮は韓国地域を占領する間に、人民裁判で無数の市民の自由を剥奪し、虐殺した。人民裁判は大衆を扇動して処罰する粛清だ。人民裁判は共産主義者の典型的な体制維持手法であり、人民民主主義や民衆民主主義の柱だ。人民裁判は裁判に統一的な秩序であるべき法は適用されず、制度や約束は必要もない。ただ扇動者が前面に出すことを断罪の基準とする。人民裁判は中世時代の魔女狩りに由来する。魔女狩りを政治学では全体主義、そして心理学では集団ヒステリーの産物とみる。社会学的には無差別的な人権じゅうりんだ。今日、真実のろ過装置もなく、扇動と偽りを速かに共有するインターネットとSNSは、ひょっとして魔女狩りをよりいっそう容易にし、むやみな人格殺人を増やすのではないか心配だ。

  2014年6月、我々は自由大韓民国でこうした不吉な兆候を目にした。法で定めた国会聴聞会には進めなかった、文昌克(ムン・チャングク)首相候補に対する場外聴聞会がそれだ。文候補の能力や本質的な思想は誰も知らない。しかし明白なのは、法治は失踪し、個人の自由は終焉を知らせたという事実だ。KBS(韓国放送公社)が文候補の教会講演のうち一部の場面だけを編集して「親日派」「植民史観」とし、他のメディアまでが加わって世論裁判で文候補を生き埋めにしたのも同然だ。聴聞会という法的手続きは津波のような扇動に流され、現代社会の正義の核心である手続き的正義は難波した。こうした社会が、韓国戦争当時に我々の前の世代の数百万人が血を流して命をかけて守った自由民主主義社会なのかどうか疑問だ。

【時論】世論裁判に踏みにじられた自由民主主義=韓国(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事