キム・ヨナ、アルバム販売10万枚超でユニバーサル殿堂入り

キム・ヨナ、アルバム販売10万枚超でユニバーサル殿堂入り

2014年07月03日17時08分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
キム・ヨナ
  ユニバーサルミュージックを通じて発売されたキム・ヨナ関連のアルバムの販売枚数が計10万枚を超えた。

  キム・ヨナは毎シーズン、適切な音楽をプログラムの曲に選び、競技に劣らず音楽も大きな話題になったが、この音楽で『Fairy on the Ice』(2008)、『Fairy on the Ice』(2009)、『The Queen on Ice』 (2011)、『The Queen on Ice.The Classics Best Album』(2014)の計4枚のアルバムを発売した。

  このアルバムには『揚げひばり』『死の舞踏』などの競技に使われた曲のほかにも、キム・ヨナが推薦する曲も収録され、ファンから愛された。特に、最初のアルバム『Fairy on the Ice』は爆発的な関心の中で発売され、発売1カ月でプラチナを記録した。

  このほか、シングルではパク・ジョンヒョン(リナ・パーク)とのデュエット曲『夢の冬』、競技曲『Send in the Clowns (悲しみのクラウン)』、『Adios Nonino (アディオス・ノニーノ)』などを発売した。

  アルバム販売が10万枚を超えたことについて、キム・ヨナは「これほど愛されるとは思っていなかった。競技をしながらも多くの愛情を受けたが、私のプログラムと一緒にした音楽までが愛され、本当に感謝している。いつも応援してくださる方々に感謝の言葉を伝えたい」と語った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事