歴代の韓中指導者の関係…05年訪韓の習氏、朴槿恵氏の歓待で「長い友」に(1)

歴代の韓中指導者の関係…05年訪韓の習氏、朴槿恵氏の歓待で「長い友」に(1)

2014年06月30日16時53分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓中首脳間の関係は表情や身振りからも分かる。今年3月にハーグ核安全保障サミットで会った朴大統領と習近平主席があいさつしている。(中央フォト)
  「韓国では主席に知韓派という修飾語を付ける人が少なくない。本当に韓国に対して特別だと思いますか」。習近平国家主席と対話する機会があった韓国のある人物が、このように尋ねたことがある。習主席は迷わず、浙江省党書記時代だった2005年に韓国を訪問した当時、「過分な歓待」を受けたという話をしたという。

  歓待の中心には朴槿恵(パク・クネ)大統領がいる。当時、習主席は李海チャン(イ・ヘチャン)首相を表敬訪問し、与野党代表に相次いで会った。第一野党・ハンナラ党(セヌリ党の前身)の代表で有力な次期大統領候補だった朴大統領は、地方日程までキャンセルして習主席に会った。すでに第5世代のトップ走者と見られていた習主席との会談がどんな意味を持つか看破したのだ。習主席が昨年訪中した朴大統領を「老朋友(長い間の友人)」と呼んだ縁はこのように始まった。

  2人は政治名望家の子どもとして生まれたが、試練を経験した成長の背景も似ている。感情の節制に優れ、決めたことは事情があっても必ずやり遂げる性格も似ている。初めての会った時から30分の予定だった昼食会を2時間以上もした両首脳は、今でも会えば予定時間をはるかに超えて会談をする。10年近く築いてきた両首脳間の格別な信頼が、両国関係にプラス要因として作用しているのは間違いない。朴大統領と習主席の個人的な絆が最高水準という評価を受ける理由だ。

  両国の指導者の「相性」が良かったケースは過去にもある。金大中(キム・デジュン)元大統領だ。中国から「人民の長い間の友人」と呼ばれる金元大統領は、人民外交学会の招請で就任前に中国を3回訪問している。金元大統領は自叙伝で、「過去にも中国メディアが軍事独裁に対抗して戦う私の活動を比較的詳細に報道したが、実際に行ってみると私の著書が翻訳されて販売されていた」と驚きを表した。

  1996年に野党・国民会議総裁の身分で訪中した際、中国政府は釣魚台国賓館を宿舎として提供した。韓国の政治家が一度も会ったことがない朱鎔基副首相が金元大統領と会談するために大連からヘリコプターに乗って来たりもした。2人は2年後、それぞれ大統領と首相として再会した。朱首相も文化革命で20年間、農村で苦労した経験があり、お互い似た立場で冗談を交わしたりもした。

  「監獄でハエを殺さずに気絶させる方法を教えましょうか。来年初め韓国に来られれば、その技術を私が実際にお見せするので、CCTVの記者を必ず連れてきてください」(金元大統領)。「金大統領の技術がオリンピック種目に採択されれば、金メダルは間違いない」(朱首相)。

  金元大統領は同じ年齢の江沢民主席とも親しかった。首脳会談では通訳なく英語で対話し、率直に対話した。金元大統領が就任初年度の98年に訪中し、「包括的協力パートナー関係」への格上げを宣言し、帰国してから10日ほど過ぎた時のことだ。江主席が日本に行くために韓国の領空を通過中、機内から金元大統領にメッセージを送った。「韓国領空を通過中に大統領にあいさつを送ります。貴国の繁栄と韓中両国の発展を祈ります。金大統領はこれを「空から送った友人の手紙」と言いながら、江主席の配慮に感銘を受けたという。

  江主席は金泳三(キム・ヨンサム)元大統領とも「兄弟の情」を語る関係だった。両首脳は93年11月に米シアトルで開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で初めて会った。金元大統領は回顧録に「各国首脳が集まった食事の席で江主席はワイングラスを手に、向かい側に座っていた私に向かって、大きな声で『金泳三総統乾杯!』と数回叫んだ。そのように10カ国ほどの首脳の前で私との特別な関係を見せた」と書いた。

  翌年、金泳三元大統領が中国を訪問した時は、夕食会で江主席が「白頭山トラを贈る」と約束した。中国が寄贈した2頭のトラは国立樹木園で長いあいだ育てられ、2011年と2010年に死んだ。

  97年の黄長ヨプ(ファン・ジャンヨプ)労働党秘書亡命事件時では、両首脳の関係が真価を発揮した。北朝鮮が北京の韓国総領事館にいる黄秘書の身柄を引き渡してほしいと中国政府に強く要求する状況で、金元大統領は駐韓中国大使を通じて江主席にメッセージを送った。「黄秘書を北に送還すれば私と主席の個人的な関係も考え直すことになる」という内容だった。苦心の末、江主席は黄秘書を第3国で送ることを決め、亡命が実現した。

歴代の韓中指導者の関係…05年訪韓の習氏、朴槿恵氏の歓待で「長い友」に(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事