日本、河野談話検証結果「韓日間での文案調整あった」

日本、河野談話検証結果「韓日間での文案調整あった」

2014年06月20日17時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本政府が「軍慰安婦強制動員を認めた河野談話の作成過程で韓日政府間の文案調整があった」という内容が含まれた談話検証結果を発表した。

  時事通信は20日、日本政府が衆議院予算委員会理事会に報告した河野談話の検証結果にこのような内容が明示されたと報道した。また両国政府が文案調整の事実を非公表することで一致していたという内容も検証結果の文書に含まれていたことを伝えた。

  河野談話は当時の河野洋平官房長官が日本軍慰安婦に対する日本軍と軍の強制性を認めた談話だ。河野氏は、慰安所は当時軍当局の要請によって設置されたものであり、慰安所の設置・管理および慰安婦移送に関しては旧日本軍が関与したと発表した。談話の中で「日本軍慰安婦に謝罪と反省の気持ちを申し上げる」と述べた。

  安倍内閣は2月末、政府内に民間知識人5人で構成された検証チームを設置し、談話の作成過程で韓日間で文案調整があったかどうか等を検証すると明らかにし、その後は検証チームを設けて検証を進めていた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事