【時論】安全にするなら費用を負担すべき=韓国(2)

【時論】安全にするなら費用を負担すべき=韓国(2)

2014年06月16日15時58分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  安全システムは私たちの生命を左右する。生命は何ものにも変えられない。物質的にはいくら豊かになっても愛する家族、友人の死の前には全が無意味だ。したがって安全システムは十分な費用と時間をかけてしっかり改善しなければならない。何かの問題が発生すれば。すべてその問題で熱く燃え上がり、時間が過ぎれば鍋のように冷めてしまう過ちを再び犯してはいけない。これまで聖水(ソンス)大橋・三豊デパート・大邱地下鉄など数多くの大事故が起こったにもかかわらず、その後の安全システムは特段良くなっていないように見える。

  安全システムを根本的に強化するには、表面にあらわれた原因分析だけでなく、そのような事が起きることになった根本的な社会環境やシステムまで徹底的に把握してしっかりした対策を作らなければならない。費用も徹底的に分析しなければならない。このような観点で見ると、政府の対応は始まりからして残念だ。セウォル号事件の徹底した真相調査はまだ開始すれしていないが、政府は災難事故のコントロールタワーとして国家安全処を首相傘下に設置して海洋警察は解体すると発表した。国家安全処の具体的な機能やこれまでの海洋警察の業務処理などは今後決めるという。これまで各種事故は韓国社会の「はやくはやく」の文化から始まった。ところが今回の安全システム強化対策の初めのボタンも「はやくはやく」の慣行から抜け出せずにいる。

  今からでも時間を十分にかけて費用も必要なだけ使ってセウォル号を中心に韓国社会全般にわたる安全システムの問題点を徹底的に分析して、これを基に総合的な安全強化ロードマップを作らなければならない。これを準備しながら最も念頭に置く点は、安全は無料ではないという事実だ。安全に暮らそうとするならば、私たち皆が安全コストの負担を準備しなければならない。

  このように安全を強化すればそれだけ国民的負担は増えるはずだ。だが費用を無制限に増やすだけではない。したがって安全を強化するものの効果を最大化して負担を合理的に調節する案を講じなければならない。各種の対策推進にともなう費用と効果を分析して、できるだけ少ない費用で効果が大きい対策を中心に推進しなければならないだろう。最近、国会に安全を強化する規制法案が相次いで上程されているという。しかし安全強化を理由に規制を追加するのは、慎重でなければならない。セウォル号事件で見ると、規制がないことではなく規制を守らないのが原因なのだから、これまでの規制が守られるようにすることが重要だ。安全のための費用と規制は合理的でなければならない。

  チェ・ジョンチャン元建設交通部長官

【時論】安全にするなら費用を負担すべき=韓国(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事