韓国新首相候補、過去の発言が物議

韓国新首相候補、過去の発言が物議

2014年06月12日10時39分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  文昌克(ムン・チャングク)首相候補が過去に教会の講演でした日帝植民支配、南北分断関連発言が物議をかもしている。

  2011年に文候補は自分が長老の教会の特講で、「『神はなぜこの国を日本の植民地にしたのか』と私たちは内心、抗議するかもしれないが、神の意があるはず」とし「お前たちは李朝500年を無駄に送った民族だ。お前たちは試練が必要だ(という意味)」と述べた。また「朝鮮民族の象徴は怠けること」とも話した。「怠け、自立心が不足して他人の世話になるのが私たちの民族のDNAとして残っていた」としながらだ。

  日帝植民治下で国民啓蒙運動をし、親日派に変節した尹致昊(ユン・チホ、1865-1945)については、「この人(尹致昊)は最後まで信念を裏切ってはいない。たとえ親日だったとはいえ、キリスト教を最後まで持って亡くなった人」と表現した。愛国歌の作詞者として知らされる尹致昊(ユン・チホ)は、徐載弼(ソ・ジェピル)先生、李商在(イ・サンジェ)先生らとともに独立協会を組織した人物。しかし1911年に105人事件で収監され、3年間の獄中生活を終えてからは、新聞に日本帝国主義を称賛し、青年の志願入隊を勧める文章を書くなど、親日活動をした。

  文候補は韓国戦争(朝鮮戦争)の後、南北が分かれたのも神の意だと述べた。文候補は「今になってみると、それ(南北分断)も神の意だと考える」とし「当時、韓国に完全な独立を与えれば、私たちは共産化されるしかなかった」と話した。

  2012年には別の講演で、済州4・3事件を暴動だと述べた。文候補は「済州4・3暴動事態というものがあった。共産主義者らがそこで反乱を起こした」と発言した。政府は2000年から首相を委員長とする済州4・3事件犠牲者名誉回復委員会を設置し、真相調査をした結果、国家レベルの補償を決め、2003年に盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領はこれについて公式謝罪している。

  このほか、「意外にも突然、神が解放を与えた。米国に日本が敗北したため、私たちにただで解放をもたらした」「日本から技術を受け入れて経済の開発ができた。今、私たちより日本がだんだん朽ちている。日本の地政学は祝福の地政学」などの発言もした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事