韓国の新首相候補、初の記者・忠清北道出身者を指名

韓国の新首相候補、初の記者・忠清北道出身者を指名

2014年06月11日08時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
文昌克(ムン・チャングク)氏(左側)と李丙ギ(イ・ビョンギ)氏。
  朴槿恵(パク・クネ)大統領が10日、新しい首相候補者に文昌克(ムン・チャングク)元中央日報主筆(66)を指名した。また国家情報院長には李丙ギ(イ・ビョンギ)駐日大使(67)を内定した。鄭ホン原(チョン・ホンウォン)首相が辞意を明らかにして44日ぶり、南在俊(ナム・ジェジュン)前院長が退いて19日ぶりだ。

  文候補者は忠清北道清州(チュンチョンブクド・チョンジュ)出身で、ソウル高校・ソウル大学政治学科を卒業した。1975年中央日報に入社してワシントン特派員、政治部長、米州総局長、論説主幹、主筆、論説委員をつとめた。韓国新聞放送編集者協会長や寛勲(クァンフン)クラブ総務も歴任した。ソウル大学言論情報学科に招へい教授として在職中だ。

  閔庚旭(ミン・ギョンウク)青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官は記者会見で「文候補者は所信があって意志の強い言論人出身であり、これまで冷静な批判意識と合理的代案を通じて韓国社会の誤った慣行と積弊を正すために努力した人」としながら「優れた洞察力と推進力を基に公職社会の改革と非正常の正常化など国政課題を推進する人だと考えている」と話した。文候補者が聴聞会を通過すれば、記者を経た言論人出身では憲政史上初めての首相となる。ちなみに第8代首相(1963~64年)をつとめた崔斗善(チェ・ドゥソン)元東亜日報社長も言論人出身初の首相だったが、記者出身ではない。文候補者はまた、初の忠清北道出身の首相候補者でもある。

  文候補者は指名発表直後、ソウル大学言論情報大学院2階のラウンジで記者たちと会い「今の状況は、かなり難しく厳しい」として「国の基本を作り直す仕事を、微力ではあるが私の最後の余生をかけて国のために一度捧げてみようと思う」と所感を明らかにした。

  李丙ギ国家情報院長候補者は、朴大統領が2004年にハンナラ党(セヌリ党の前身)代表になって以降ずっと支えてきた長年の側近だ。外交官試験を経た外交官出身でもある。ソウル出身の李候補は、景福(キョンボク)高校とソウル大学外交学科を卒業した。国家安全企画部第2次長、外交安保研究院研究委員、青瓦台儀式首席秘書官などをつとめた。

  閔報道官は「李丙ギ候補者は国内外の情報や安保状況について理解が深い人」としながら「現在の厳しい南北関係や韓半島(朝鮮半島)状況の中で、情報当局固有の役割の遂行と改革を安定的に導く適任者だと判断されている」と明らかにした。政界では、軍出身ではない穏健派とされる外交官出身者を国家情報院長に起用しただけに、今後の対北朝鮮政策に変化があるのか注目している。

  この日の人選についてセヌリ党は「改革性と国民の目の高さという2つの定規にふさわしい人選」(パク・デチュル報道官)と歓迎した一方、新政治連合は「極端な保守指向で国民和合や統合という時代精神と符合しない」(ハン・ジョンエ報道官)と批判した。

  朴大統領が首相・国家情報院長候補者を指名するにつれ内閣・青瓦台改編も速度が増す見通しだ。朴大統領は中央アジア歴訪に出る16日以前にできるだけ内閣を改編し、状況によっては青瓦台改編まで終える方針だと伝えられた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事