【コラム】「書く者」だけが生き残れる…悲愴な北朝鮮式「適者生存」(1)

【コラム】「書く者」だけが生き残れる…悲愴な北朝鮮式「適者生存」(1)

2014年06月10日16時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  金正恩(キム・ジョンウン)権力を支えている北朝鮮パワーエリートは今、「適者生存」にありったけの力をふりしぼっている。チャールズ・ダーウィンが進化論を説明する際に引用した適者生存ではない。「書く者(チョク/ヌン/ジャ=「適者(チョクジャ)」の発音とかけている)だけが生き残る」という北朝鮮式生存戦略を意味する。いつも手帳とペンを持って金正恩第1書記の教示を書き取る幹部だけが権力から押し出されずに地位の保全ができるという話だ。

  軍部隊や工場・企業を訪問した金正恩のいわゆる現地指導写真にこのような姿は鮮明にあらわれている。密着実行する労働党と軍部核心幹部は例外なく手帳を広げて持っている。豪雨の中でも手帳が濡れることも気づかずにゴマ粒のようなメモに余念がない。進むように促す金正恩の後に従いながらも筆記のための手は遅らせることができない。

  最高実力者である黄炳瑞(ファン・ビョンソ)軍総政治局長や建築部門総責である馬元春(マ・ウォンチュン)国防委設計局長も同じだ。金正恩の夫人李雪主(リ・ソルジュ)と妹キム・ヨジョンくらいが例外だ。これほどになれば手帳を持たないというのは平壌(ピョンヤン)ロイヤルファミリーと呼ばれる金氏一家の特権のようだ。先日、あるメディアが金正日(キム・ジョンイル)総書記とおよそ40代の女性が共に撮った写真を掲載し、娘の雪松(ソルソン)だと報道したことがある。確認結果、女性は平壌デパート関係者であると判明した。彼女の手に持たせた手帳とペンも彼女が雪松でないという判断根拠にされたという。対北朝鮮情報関係者は「金正日の遺訓により金正恩の見えない後見の役割をしている雪松に手帳はそぐわない小道具」であると耳打ちした。

  昨年12月の張成沢(チャン・ソンテク、国防委副委員長)処刑以降、「適者生存」現象は深刻になりました。年若い甥によってみじめな死を迎えたのは「上の空」という不敬罪にかかったためという判断が根底にあるということだ。金正恩に上の空で拍手をし、皆が注目してメモに熱中するのに乱れた姿を見せたことだろう。無慈悲な粛清を見守った幹部に手帳とペンは恐怖心に打ち勝つお守りのように認識されているようだ。

  30才の青年指導者が父親ほどの年齢の幹部を過度に冷遇するという住民反感も生じるのではないだろうか。皆が雨に打たれているのに1人傘を差した金正恩の写真について、インターネットとSNS(ソーシャルネットワークサービス)ではネットユーザーの批判世論があるのが事実だ。しかし、労働党宣伝扇動家の判断は違うようだ。このような場面を演出して住民らが「老幹部を金正恩がしっかりと掌握しているんだ」という考えを持たせる効果を期待しているということだ。幹部を立たせて叱り飛ばしたり、チェーンスモーキングする場面を労働新聞などに公開するのも同じ脈絡だろう。

【コラム】「書く者」だけが生き残れる…悲愴な北朝鮮式「適者生存」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事