<韓国旅客船沈没>多くの車載せようと…固縛装置785個を無断設置

<韓国旅客船沈没>多くの車載せようと…固縛装置785個を無断設置

2014年06月09日13時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
車両固縛装置のD-リング
  清海鎮(チョンヘジン)海運が、セウォル号に安全限度よりも多くの車両を載せるために、車の固縛装置785個を無断で設置していたことが明らかになった。「D-リング」と呼ばれるもので、4つをつなげて車両1台を固定する装置だ。785個を設置して、車両196台をさらに載せられるように内部を改造したのだ。安全限度を無視して貨物を積み入れて収入を上げようとする目的だったと検察は見ている。設置は昨年2月に韓国船級からセウォル号安全診断を受けた後に行われた。清海鎮海運系列の船舶修理会社であるドナンターがB社に下請けさせて設置工事を行った。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事