朴大統領「首相に国家改革の適任者探している」(1)

朴大統領「首相に国家改革の適任者探している」(1)

2014年06月03日10時51分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
朴槿恵(パク・クネ)大統領が2日午後、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で鄭義和(チョン・ウィファ)新任国会議長に会った。朴大統領はこの席で、鄭議長に政府組織法と公職者倫理法、災難安全基本法、金英蘭(キム・ヨンラン)法などセウォル号惨事関連立法の早急な国会通過を要請した。間にいるのはキム・ソンドン議長秘書室長。(写真=青瓦台写真記者団)
  朴槿恵(パク・クネ)大統領は2日、「首相任命後に改閣を通じて国政運営を一新して新たに出発しようとしていた日程が多少遅れることになったが、国家改革の適任者として国民が求める人を探している」と話した。青瓦台(チョンワデ、大統領府)で首席秘書官会議を主宰しながらだ。朴大統領は参席者に「国政運営の空白ができないようにして、緊急な国政改革の課題も忠実に実行することを望む」と要請した。

  朴大統領の話の中には、いくつかの含意がある。まず「国家改革を成し遂げる人」が人選の第1基準であることを明確にした。これに先立ち安大熙(アン・デヒ)元首相候補者を指名した当時も、朴大統領は「公職社会と政府組織を改革して、非正常の正常化を強力に推進して国家改造を成功的に遂行してくれる人」と明らかにした。最も太い人選基準は、そのまま維持していることを示している。

  「国民が求める人」という表現は、安大熙・元候補者の辞退という状況変化によって今回初めて登場した。▼道徳性▼出身地域▼職業群について相当悩んでいると見られる。「候補者を探している」という話で推し測ると、いまだ人選を終わらせて発表時期を見極めている段階ではないようだという分析が出てくる。

  朴大統領の話を総合すれば結局、▼官僚マフィア改革を導ける所信と▼決断力と底力があって▼推進力を兼ね備えた人物を物色中のようだという観測が優勢だ。候補者の発表時点は6月4日の地方選挙後になる可能性が大きいと見られる。

  このような基準により、与党圏では金鐘仁(キム・ジョンイン)全国民幸福推進委員長、韓光玉(ハン・グァンオク)国民大統合委員長、崔炅煥(チェ・ギョンファン)・李仁済(イ・インジェ)両議員らが候補に挙がっている。このうち大統領選挙時に「経済民主化」を主導した金委員長は所信が強く官僚社会改革を主導する人物と評価されている。韓委員長は湖南(ホナム)出身の上に長年の政治経験から出る推進力と突破力が強みに挙げられている。1998年のIMF通貨危機の局面で労・使・政の大妥協を引き出したエピソードが今でも広く知られている。崔議員は朴大統領の国政哲学を誰よりも理解している朴槿恵系の核心だ。一方、候補として議論されていたセヌリ党金武星(キム・ムソン)議員は首相職に意欲がないことを公開的に表した。

  セヌリ党の一部では韓和甲(ハン・ファカプ)元民主党代表、趙舜衡(チョ・スンヒョン)元議員を抜てきすべきだという意見も青瓦台に伝えたという。韓元代表は東橋洞(トンギョドン)系出身で「リトルDJ〔金大中(キム・デジュン)〕」というニックネームがある。趙元議員は「ミスター苦言」というのはニックネームを持つほど主観が明確だが、高齢(79歳)という点が変数だ。政治家の場合、持続的な検証を経て他の職群に比べて人事聴聞会の通過の可能性が大きい。

朴大統領「首相に国家改革の適任者探している」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事