30日から釜山国際モーターショー…韓国車vs輸入車で新車対決

30日から釜山国際モーターショー…韓国車vs輸入車で新車対決

2014年05月27日16時54分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
2014釜山(プサン)国際モーターショーが29日、メディア公開イベントを皮切りに釜山BEXCOで開幕する。今回のイベントには国内外21社の自動車メーカーが198台の新車を展示する。写真は2012年釜山国際モーターショーの会場の様子。(写真=中央フォト)
  釜山(プサン)の海雲台(ヘウンデ)が自動車の海となる。「自動車の海、世界を抱く」という旗をはためかせながらだ。7回目を迎えた釜山国際モーターショーが目前に迫った。期待は大きい。世界21社のメーカーが198台の車を釜山BEXCOに展示する。現代(ヒョンデ)自動車は頑なに隠しておいたAG(開発名)をデビューさせる。発売されたばかりの起亜自動車のカーニバルにも会える。たった1リットルの軽油で最大111.1キロ走るフォルクスワーゲンのXL1の感覚的なデザインも確認できる。29日の開幕式から6月8日まで開かれる「2014釜山国際モーターショー」をあらかじめのぞいてみた。

  何といってもモーターショーの白眉は新車だ。釜山モーターショーには世界で初公開する車3台、アジアで最初という5台が舞台に上がる。海外ではすでに消費者の目に入っているが韓国で初めての出会いとなる車も20台に及ぶ。「夢見る車」とも言えるコンセプトカーは9台が展示される。特に釜山モーターショーで会う新車は、国産車と輸入車の対決構図を背景にしており比較してみる面白味がある。モーターショーが開かれる釜山の海雲台は、ソウル江南(カンナム)の次に輸入車企業が力を入れている地域だ。

  現代車は今回のモーターショーで、輸入車に向かう消費者を呼びとめるつもりだ。現代車の中大型セダンの選択の幅がさらに広くなるという誘惑をしながらだ。現代車はグレンジャーとジェネシスの中間級のAGを世界で初開する。AGはグレンジャーを本質にして車体をもう少し大きくした前輪駆動セダンだ。エンジンもグレンジャーより大きい3.1リットル級になる展望だ。ジェネシスに、成功した中年や「パパの車」というイメージがあるならば、この車は「ママの車」ともう少し若い層に焦点を合わせたマーケティングをするだろうという予想も出てくる。

  今年の初めデトロイトモーターショーでデビューした起亜車のGT4スティンガーも、国内で初めてベールを脱ぐ。GT4スティンガーは後輪駆動のスポーツカーで、4人乗りの空間になめらかな車体をかぶせた。エンジンは直列4気筒2.0リットルターボで320馬力。ファミリーで来場するなら新型カーニバルに足が向くかもしれない。今回出てきた車は3世代で9年ぶりに出てきた新型だ。52カ月間3500億ウォン(約350憶円)をかけて開発した。燃費は既存モデルより5.5%改善されて1リットルあたり11.5キロだ。シートをたためば最大546リットル分の積載空間が出てくる。

  輸入車も手ごわい。輸入車ブランドの戦略は、多様な車種を通した底辺の拡大だ。メルセデスベンツは新型Cクラスを出す。7年ぶりに出た新モデルだ。小型スポーツユーティリティ車両(SUV)のGLAクラスも展示する。BMWは4シリーズグランクーペと新型M3、M4クーペを国内最初に公開する。アウディはプラグインハイブリッドのA3e-トロン、外見をさらりと変えたA8などをリリースする。

  フォルクスワーゲンは輸入車の中で最も大きい規模(1500平方メートル)の展示場を構える。最前列は1リットルあたり最大111.1キロ走行できるというXL1が占める。

  子供と一緒の来場者ならば韓国GM展示館を覚えておくと良いだろう。韓国GMは来月26日、全世界同時公開の映画『トランスフォーマー4』の主人公バンブルビーとして出演するカマロコンセプトカーを国内で最初に公開する。

  ◆釜山国際モーターショー=2年に1回開かれる。一般観覧は30日から6月8日まで。今年の展示面積は1万9800平方メートルで2012年より18%増えた。ステージイベントも盛りだくさんだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事