韓国、国家改造「所信首相」選択

韓国、国家改造「所信首相」選択

2014年05月23日08時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
安大熙(アン・デヒ)首相候補が22日、政府ソウル庁舎で記者会見している。安候補は「個人的な生活はすべて捨てて、非正常的な慣行の除去と不正腐敗の清算で国家と社会の基本を立て直す」と述べた。
  朴槿恵(パク・クネ)大統領が22日、新首相に安大熙(アン・デヒ)元最高裁判事(59)を指名した。同時に南在俊(ナム・ジェジュン)国家情報院長と金章洙(キム・ジャンス)青瓦台(チョンワデ、大統領府)国家安保室長の辞表を受理した。国政運営の重要な軸である内閣と国家情報院、青瓦台安保ラインの責任者がすべて交代することになった。旅客船「セウォル号」沈没事故後、朴大統領が国家改造を本格的に推進していくために人的刷新を始めたという分析だ。

  安候補は首相に指名された後、記者会見を行い、「強力な国家改造に渾身の力を注ぐ」とし「憲法と法律に基づいて正誤を判断し、国家が正しい道、正常な道を進むよう所信を持って大統領に率直に進言する」と述べた。

  盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権当時に大統領選資金捜査を指揮し、「国民検事」という名声を得た安候補は、2012年8月に朴大統領の大統領選挙キャンプに合流した。しかし中央捜査部廃止公約などをめぐり摩擦が生じ、朴大統領と疎遠になった。

  しかしセウォル号惨事後、国家改造の適任者を物色する過程で朴大統領は結局「安大熙カード」を取り出した。青瓦台の関係者は「朴大統領が安候補の意志の強さと改革性、果敢な推進力を高く評価した」と述べた。

  「管理型」に近かった前任の鄭ホン原(チョン・ホンウォン)首相とは違い、安候補は実質的な権限と政治的な重みが増す見込みだ。安候補は大統領選挙キャンプの政治刷新委員長時代、帝王的な大統領制の弊害根絶のため責任首相制度の公約をまとめた当事者でもある。

  外交安保ライン2人の首長の電撃交代は人的刷新の信号弾であり、地方選挙を控えて「セウォル号民心」収拾策の一環という分析だ。ともに野党から辞任圧力を受けた。南前院長は国家情報院の大統領選挙介入問題、ソウル市公務員スパイ証拠ねつ造事件など政治的批判の中心にいた。金前室長は「青瓦台は災難コントロールタワーではない」という発言で批判を招き、更迭の対象とみられてきた。対北朝鮮強硬ラインの核心とされる2人の更迭で、今後の対北朝鮮政策の柔軟性が高まるという見方もある。

  国政運営基調にも大きな変化があるという観測だ。信頼が大きかった南前院長と金前室長を電撃更迭したのは、野党と民心の声によりいっそう耳を傾けるという信号と考えられる。朴大統領の信任を得ている金淇春(キム・ギチュン)秘書室長は留任する可能性が高まった。金室長まで交代する場合、国家改造を推進する過程で安定性を失うおそれがあると判断したようだ。

  後続の内閣改造幅も大きくなる見込みだ。セウォル号事故関連部処の安全行政部・海洋水産部・教育部長官のほか、玄オ錫(ヒョン・オソク)経済チーム、李明博(イ・ミョンバク)政権で任命された金寛鎮(キム・グァンジン)国防部長官の交代の可能性が出てきている。「組閣レベルの内閣改造になる」という声も出ている。内閣改造の時期は6月4日の地方選挙後が有力だ。

  与党の関係者は「次期経済副首相には崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)元セヌリ党院内代表が検討されている」とし「経済ラインも政務感覚が必要だという建議を朴大統領が受け入れた」と述べた。

  新政治民主連合の韓貞愛(ハン・ジョンエ)報道官は「朴大統領が検察出身を連続で起用したのは国民的な期待に背を向けるものだ」と批判した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事