<韓国旅客船沈没>船長ら4人に「殺人罪」適用…船員15人全員を拘束・起訴

<韓国旅客船沈没>船長ら4人に「殺人罪」適用…船員15人全員を拘束・起訴

2014年05月15日13時59分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  沈没中の旅客船「セウォル号」で乗客を救助せず脱出した船員15人全員が、事故から1カ月後の15日に拘束、起訴された。

  検警合同捜査本部はイ・ジュンソク船長(69)、第1・2航海士、機関長ら4人を殺人容疑で、残りの船員11人は遺棄致死、遺棄致傷、水難救護法違反容疑で拘束、起訴した。

  船長には(不作為による)殺人、殺人未遂、特定犯罪加重処罰法(逃走船長)違反、業務上過失船舶埋没、水難救護違反、船員法違反容疑が適用された。

  1等航海士には殺人・殺人未遂・業務上過失船舶埋没・水難救護法違反容疑、2等航海士と機関長には殺人、殺人未遂、水難救護法違反容疑が適用された。

【特集】韓国旅客船「セウォル」沈没事故
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事