<サッカー>朴智星が現役引退宣言「体調良くなくて」

<サッカー>朴智星が現役引退宣言「体調良くなくて」

2014年05月14日11時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
朴智星(パク・チソン、33、アイントホーフェン)
  「永遠のキャプテン」朴智星(パク・チソン、33、アイントホーフェン)が、電撃引退を宣言した。

  朴智星は14日午前11時ごろ、水原(スウォン)の朴智星サッカーセンターで記者会見を行い、現役選手生活を終わらせることを明らかにした。彼は体調が思わしくなく、今シーズンを最後にグラウンドから離れると述べた。

  朴智星は1991年、水原市で小学校4年生の時にサッカーを始め、24年間グラウンドを走った。2000年には日本の京都パープルサンガに入団してプロデビューし、2002の韓日ワールドカップ4強神話を踏み台にオランダのエールディヴィジ・PSVアイントホーフェンに入団、欧州進出で新しい場を切り開いた。アイントホーフェンでの3シーズン(2002~2005年)の間で85試合に出場し15ゴールを決めた。

  2005年7月にイングランドプレミアリーグの名門マンチェスターユナイテッドに入団して韓国人で最初のプレミアリーガーになった朴智星は、2012年までマンUでの7シーズンに207試合に出場して29ゴール22アシストを記録し、マンUの4回プレミアリーグ優勝(2006~2007、2007~2008、2008~2009、2010~2011シーズン)、欧州サッカー連盟(UEFA)チャンピオンズリーグ優勝(2007~2008シーズン)、3回のリーグカップ優勝(2005~2006、2008~2009、2009~2010シーズン)を経験した。2008~2009シーズンには韓国人で最初にUEFAチャンピオンズリーグの決勝の舞台を踏む栄誉も授かった。

  韓国代表チームでも大活躍した。2000年4月5日のレバノンとのアジアンカップ予選でAマッチにデビューした朴智星は、2011年1月25日に日本とのアジアンカップ準決勝までの100試合で13ゴールを決め、この大会を最後に代表チームから引退した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事