<韓国旅客船沈没>海洋警察、1時間の点検でセウォル号「良好」判定

<韓国旅客船沈没>海洋警察、1時間の点検でセウォル号「良好」判定

2014年05月09日14時27分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  旅客船「セウォル号」沈没事故の約50日前に行われた海洋警察の特別安全点検は、警察官1人が主導し、わずか1時間余りで終わったことが確認された。検査の結果、セウォル号は非常訓練・安全施設・固縛装備・救命装備など今回の惨事で核心問題と指摘された部分で、すべて「良好」判定を受けた。国内最大規模の旅客船セウォル号に対する安全点検が徹底的に行われていなかったことを見せる部分だ。

  新政治民主連合の黄柱洪(ファン・ジュホン)議員が8日、海洋警察から提出を受けた資料などによると、仁川海洋警察のソ警査は韓国船級など関連機関の関係者4人を連れて、2月25日に旅客船5隻(セウォル号、西海ヌリ号、テブ高速カーフェリー5号、レインボー号、フライングカーフェリー号)に対する特別安全点検を実施した。

  点検時間は午後1時から6時までだった。操舵や機関など分野別に約30項目を点検し、1隻あたり1時間ほどだった。ソ警査らは点検票にないという理由で、非常操舵関連の部分は確認もしなかった。黄議員は「セウォル号のような超大型旅客船は内部を歩くだけで1時間近くかかる」とし「このように短時間に安全点検を終えたというのは話にならない」と批判した。

  また、セウォル号が出港した時間の4月15日晩には、仁川港沿岸旅客ターミナルに海洋警察は一人も勤務していなかったことが分かった。旅客船の運航統制権を持つ仁川海洋警察は引航派出所所属の警官を1人ずつ、一日交代方式でターミナルに勤務させているが、当時の勤務者はセウォル号出港30分前に退勤したことが勤務日誌で確認された。黄議員は「セウォル号出港直前まで低視程注意報(視程距離500メートル以下である場合に発令される警報)が出ていて、数百人の生徒が乗っていたが、現場に海洋警察が一人もいなかったというのは理解できない」と指摘した。

  黄議員は海洋警察に「セウォル号沈没事故当時の木浦海洋警察状況室と警備艦艇間の交信内訳」も要求したが、海洋警察は「TRS(テトラ)を利用した交信内容は録音されない」と明らかにした。

  ◆劣悪な救助装備=海洋警察の劣悪な救助装備も明らかになった。黄議員が海洋警察から提出を受けた「救難・救助装備現況」によると、海洋警察の警備艦艇182隻には救命胴衣・救命浮環・海上担架・救命いかだ・救命砲・救命ボートのみ救助装備として搭載されていた。119救助隊がよく使う救助用ロープ・はしご・油圧切断機など基本的な装備さえなかった。特に海洋救助活動に必須の潜水関連装備は1000トン級以上の艦艇33隻のみ保有していた。しかし海洋警察は昨年、麗水海洋警察教育院の射撃場敷地に145億ウォン(約14億円)を投入し、ゴルフ場を造成した。

【特集】韓国旅客船「セウォル」沈没事故
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事