<韓国旅客船沈没>生存者174人→172人…事故22日目に訂正

<韓国旅客船沈没>生存者174人→172人…事故22日目に訂正

2014年05月08日15時01分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  先月16日に旅客船「セウォル号」沈没事故が発生してから20日以上も経過したが、まだ海洋警察は乗船者と生存者の数を正確に確認できていない。行方不明者と乗船者の数は最初からあいまいだった。

  金錫均(キム・ソクギュン)海洋警察庁長(49)は7日午後、珍島郡庁でブリーフィングを行い、「集計に誤りがあった」とし、生存者の数を174人から172人に訂正した。1人は、救助された乗客が「知り合いも救助された」と誤って知らせたため、生存者に含まれた。しかしこの乗客が言及した人物は最初からセウォル号に乗っていなかった。別の1人は生存者名簿に似た名前で二重表記されているのが見つかった。

  海洋警察は当初、「生存者が2人減ったが、乗船者476人と犠牲者269人は変わらず、行方不明者が33人から35人に増えた」と発表した。クレジットカード使用記録を通じて中国人2人が追加で行方不明になったことを確認したと説明した。しかしこの中国人はすでに犠牲者名簿に含まれていた。結果的に身元が分からない行方不明者2人がさらにいる状況となった。そうでなければ乗船者が476人ではなく474人へと2人減らなければならない。

  海洋警察は「8日に正確な数をまた発表する」と述べた。

【特集】韓国旅客船「セウォル」沈没事故
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事