ルノーサムスン「SM5」16万台をリコール

ルノーサムスン「SM5」16万台をリコール

2014年04月22日08時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ルノーサムスン自動車が中型乗用車「SM5」16万1700台をリコールする。

  国土交通部は21日、「ルノーサムスンが製造・販売したSM5でエンジンが止まるなどの問題点があり、改善措置としてリコールを実施する」と明らかにした。リコール対象は2009年10月28日から2013年5月2日まで生産されたSM5だ。該当車両は点火コイルの配線とエンジンの配線をつなぐコネクターに接続不良がある可能性があるという。ルノーサムスンは2011年にも燃料バルブの異常でエンジンが止まる現象のため「SM3」5万台余りをリコールしている。

  ルノーサムスン側は、「今回のリコールを通じブランドイメージを改善して信頼度を回復できるよう努力する」と明らかにした。リコール関連事項はルノーサムスンから該当車種の所有者に直接郵便で発送する予定だ。

  該当車両の所有者は28日からルノーサムスン直営サービス店や協力会社整備所で無償で車両の修理を受けられる。リコール前に所有者が自費で欠陥を修理した場合にはルノーサムスンに修理費用を請求することができる。問い合わせ事項はルノーサムスン自動車顧客センター(080-300-3003)で確認すれば良い
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事