さわやかに笑う金正恩を1面に…北朝鮮、セウォル号の悲しみを無視

さわやかに笑う金正恩を1面に…北朝鮮、セウォル号の悲しみを無視

2014年04月21日08時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
金正恩第1書記
  北朝鮮が20日、「南海に水葬させる」という表現を使いながら対南非難戦を展開した。これに対してセウォル号沈没で悲しみに包まれた韓国内の雰囲気を考慮しないやり方だとの批判が出ている。北朝鮮は宣伝用インターネットサイト「わが民族同士」に掲載した文で、「万一、米国と南朝鮮傀儡好戦狂どもが下手な射撃をしてくるならば、攻撃精神で侵略者らを南海にすっかり水葬にしてしまうだろう」と威嚇した。

  労働新聞も20日付に金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が15日に第1回飛行士大会を開催した事実を報道し対南非難を加えた。金正恩がさわやかに笑う姿を1面に掲載し、金正恩が「敵が大規模合同上陸訓練に続き合同空中訓練という火遊びを行っている」と話したと伝えた。金正恩は、「険悪な情勢の中で祖国の領空をみな開放し、全軍の飛行士をすべて平壌(ピョンヤン)に呼び大会を進めるというそれ自体がわれわれの度胸と肝っ玉の勝利、気概の勝利だ」と主張した。金正恩は妻の李雪主(リ・ソルジュ)、妹のキム・ヨジョンと牡丹峰(モランボン)楽団の祝賀公演も観覧した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事