東方神起、足首負傷で活動中断!…「パフォーマンス無理と判断」

東方神起、足首負傷で活動中断!…「パフォーマンス無理と判断」

2014年03月17日15時19分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
東方神起
  「韓流の帝王」東方神起が、結局7thアルバムの活動を途中で終了することになった。メンバーのユンホの足首の負傷で、これ以上活動を続けるのは無理という判断からだ。

  所属事務所のSMエンターテインメント関係者は「今回の活動はこれ以上難しいようだ。身体に大きな無理がきたものではないが、激しい振りつけをこなすには無理がある」と明らかにした。

  ユンホは11日の練習中に右足首の靭帯を負傷した。すぐに病院で搬送され、1~2週間の安静が必要との診断を受けた。関係者は「現在、自宅で療養中だ。しばらく安静にして、また元気な姿であいさつしたい」と伝えた。

  これで東方神起の7thアルバムの活動は16日のSBS(ソウル放送)の音楽番組『人気歌謡』が最後になった。

  東方神起は今年初めに7thアルバムを発表し、『Something』『スリスリ』を通じてパフォーマンスの帝王らしい圧倒的な姿を見せていた。

  今月5日には日本でもアルバムがリリースされ、発売当日にオリコンのデイリーアルバムランキング1位に入ったことに続き、週間ランキングでも首位で登場した。特に発売第1週だけで約22万5000枚のセールスを誇り、前作『TONE』と『TIME』に続いて3アルバム連続で初週20万枚セールスを突破する新記録を打ち立てていた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事