謎深まるマレーシア機失踪ミステリー…拉致後に着陸?空中分解?ジャングルに墜落?(2)

謎深まるマレーシア機失踪ミステリー…拉致後に着陸?空中分解?ジャングルに墜落?(2)

2014年03月12日10時30分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  だが、機体が分解されたとしても残骸まで管制レーダーに捕えられないこともやはり疑問だ。国土交通部のチャン・ドンチョル航行安全チーム長は、「とても大きな威力の爆発で機体がほとんど粉々になるようなら可能かもしれないが、これほど大きい飛行機をバラバラにできるほどの爆弾を持ち込むのは難しいだろう」と説明した。ニューヨークタイムズは飛行機がマレーシアとベトナムの領海境界を通過し一時的に両国のレーダー網から抜け出した可能性があると分析した。

  もうひとつはベトナムのジャングルや川に墜落したケースだ。失踪直後にマレーシア空軍は航空機が航路をはずれて方向を変えようとした兆候があったと明らかにした。そうであればベトナム南西部に向かった可能性がある。失踪当時の航空機には十分な量の燃料があり、当時機体の状態がどうであれ少なくとも既存の捜索領域を抜け出した可能性はますます大きくなっている。

  最後にパイロットが自殺やハイジャックを目的に事故を起こした可能性だ。この仮説は機体内のブラックボックスを回収し当時の機内状況を把握してこそ正確に知ることができる。1997年にインドネシアで起きたシルクエア機墜落と99年に起きたニューヨーク発エジプト航空機の墜落などがパイロットが故意に起こした事件であることを見れば、故意の事故の可能性も排除することは難しい。

  このほかにも事故原因に気になる部分が多い。飛行キャリア15年で事故機種であるボーイング777だけで10年の操縦経験がある別の機長は、「飛行機が自身の状態を航空会社に伝えるACARS装備と信号で自分の位置を周囲に知らせるADS-B装備がともに作動しなかった点も非常におかしい」と話した。

  専門家らはこれほど巨大な飛行機が墜落したとすればいつかは見つかると口をそろえる。58年にジェットエンジン時代が到来してから永遠に行方がわからない航空機は数えるほどだ。バミューダトライアングルで発生した失踪事件もほとんど究明されている。2009年に大西洋で墜落したエールフランス447便は行方がわからなくなってから5日ぶりに残骸が発見された、胴体は2年後に見つかった。

  

謎深まるマレーシア機失踪ミステリー…拉致後に着陸?空中分解?ジャングルに墜落?(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事