みんなの党議員「次は竹島奪還記念式を開こう」(2)

みんなの党議員「次は竹島奪還記念式を開こう」(2)

2014年02月24日09時00分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「竹島の日を国民的な行事にする」という渡辺周民主党衆院議員の公約、「次は(竹島)奪還記念式を開こう」という和田政宗みんなの党参院議員の扇動には熱烈な拍手が起きた。独島とは関係なく「日本人の名誉回復のために韓国の慰安婦歪曲を正そう」という桜内文城日本維新の会衆院議員の発言には、より大きな拍手が響いた。韓国を強く叩くほどスターとなる扇動の競演場だった。

  これに対し、「韓国は親しく付き合うべき隣国」と述べた自民党の竹下亘衆院議員には「本当に国会議員なのか」などの言葉が続いた。日本政府に慰安婦問題の解決を促してきた島根県議会議長の祝辞には「売国奴」という非難で記念式が中断しそうになった。島根県の住民は冷ややかな視線を向けている。「なぜ右翼が集まって険悪な雰囲気を作るのか分からない」(18歳の男子大学生)ということだ。しかし安倍政権の保護の中、漁村の松江の「竹島の日」はいつのまにか全国的な右翼イベントに成長した。

  一方、韓国外交部は22日、報道官の声明で「竹島の日」行事を批判したのに続き、23日午前には在韓日本大使館の道上尚史総括公使を呼んで抗議した。最近の菅官房長官の「河野談話」検証発言も繰り返し批判した。これに対し、道上公使は河野談話を継承するという日本政府の立場に変わりはないと述べ、河野談話修正などの解釈は誤解だと釈明したという。

みんなの党議員「次は竹島奪還記念式を開こう」(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事