駐日米国大使、NHKのインタビュー拒否…経営委員の妄言が理由

駐日米国大使、NHKのインタビュー拒否…経営委員の妄言が理由

2014年02月15日11時03分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ケネディ駐日米国大使
  在日米国大使館が東京裁判と南京大虐殺に関する百田尚樹NHK経営委員の発言を理由に、ケネディ駐日大使に対するNHK放送のインタビュー要請を拒否した。百田委員は東京都知事選挙に出馬した右翼候補の支援演説で「南京大虐殺はなかった」という妄言を吐いた。

  共同通信の14日の報道によると、NHK報道局取材チームは昨年11月にケネディ大使が赴任した直後にインタビューを申請し、米国大使館側と協議中だった。しかし今月初め、大使館側は「百田氏の発言でインタビューが難しくなった。ケネディ大使本人と本国政府の意向」という立場を伝えた。

  こうした中、オバマ米大統領に「2泊3日」の訪日要請を拒否された日本は、次善策として「1泊2日の国賓訪問」の実現に向けて慌しく動いている。毎日新聞は14日、「オバマ大統領の訪日日程が4月22、23日の1泊2日に固まり、日本政府が2日間の短期日程で国賓訪問を実現させるため調整作業を急いでいる」と報じた。

  岸田文雄外相もこの日、「(オバマ大統領の訪日)日程は4月末であるだけに、まだ何も発表されたことはない」とし「ただ、我が国(日本)では従来からオバマ大統領を国賓として迎えようと招請しておいた状態」と述べた。

  「1泊2日の国賓訪問」はこれまで日本で一度もなかった。日本が国賓訪問に執着するのは、安倍首相の靖国神社参拝と各種歴史認識関連発言でもつれた米国との関係を、一刻も早く復旧しなければならないと判断したためとみられる。さらにホワイトハウスが、日本が要求していた日程を分けて韓国訪問を含ませ、日本の“盛大な国賓訪問”計画に支障が生じた。「2泊3日」は消えても、韓国など他のアジア歴訪国とは差をつけようという一種の自尊心も作動した。

  日本政府は米国側に対し、96年4月のクリントン大統領以来18年ぶりとなる国賓訪問を要請してきた。堅固な日米同盟を対内外に誇示し、中国を牽制するためには、最高の待遇と格式を備えた国賓訪問が必要だと考えたのだ。提示した訪日日程は最小2泊3日だった。国賓訪問には各種の皇室行事が必須だからだ。

  18年前に国賓訪問したクリントン大統領の場合▼初日=到着後に日本首相主催の夕食会▼2日目=天皇主催の歓迎式典-日米首脳会談-共同記者会見-在日米軍基地訪問-天皇主催の宮中晩餐会▼最終日=国会演説-皇室-天皇とお別れ行事-出発--というタイトな日程を消化した。

  共同通信は「苦肉の策として通常は2、3日かけて行う皇室日程(歓迎式典・宮中晩餐会・お別れ行事)を一日で行い、残りの日に安倍首相と首脳会談することを検討中」と報じた。産経新聞は「(国賓訪問貫徹のため)皇室行事を一部短縮したり国会での演説を省略する案が出ている」と伝えた。

  こうした状況の中、日本国内でも「安倍政権はこれまで何をしてきたのか」という指摘も出ている。テレビ朝日は外務省幹部の言葉を引用し、「岸田外相は何をしにチャーター機まで用意して(7日に)米国に行ってきたのか」と指摘した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事