「北、金正恩を首領として神格化を進行中」

「北、金正恩を首領として神格化を進行中」

2014年02月11日14時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
パク・ハンシク教授は10日のインタビューで、張成沢処刑に伴う北朝鮮内部の急変事態はなかったと述べた。
  昨年12月の張成沢(チャン・ソンテク)処刑後、北朝鮮では金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の絶対化作業が進行中で、外部の観測とは違い、雰囲気は安定していると、パク・ハンシク・ジョージア大大学院教授が伝えた。10日の中央日報のインタビューでだ。

  パク教授は4日から8日まで平壌(ピョンヤン)を訪問した後、ソウルに一時滞在中だ。昨年8月以来6カ月ぶりに平壌を訪問したというパク教授は「張成沢の処刑は金正恩の絶対権力を固める(首領化)過程の一環だった」と分析した。

  --張成沢処刑後の北朝鮮の雰囲気は。

  「当局者から実務者まで私が会ったほとんどの北側の人物は、金正恩を首領と呼びながら絶対視していた。張成沢処刑後、金正恩の位置づけが確固たるものとなり、彼を絶対化する作業が進められているようだ。張成沢処刑事件について『我々は落ち着いているのに、なぜ外部では騒いでいるのか分からない。悪いものを一つ払い落とし(体制は)さらに浄化された』と話していた」

  --張成沢は金正恩を支援したナンバー2ではないのか。

  「北はナンバー2を認めない。北で首領はすべての体制と法の上にある神だ。第1人者以上の意味を持つ。最高指導者を神と同じ存在とする首領化の過程で挑戦すればどうなるかという見本が張成沢の事件だ。そのような意味で張成沢事件はナンバー2を引き下ろした粛清ではなく、一般官僚が前に出ようとして除去された処罰の概念と見るべきだ」

  --張成沢の側近処刑の噂も出ている。

  「張成沢を公開的に処刑するなど、今回の事件を公式化する雰囲気を考えると、彼の親戚が処刑されたのであれば、ほとんどの北側の人たちも知っているはずだ。しかし今回会った人たちはその内容についてあまり知らなかった」

  --北朝鮮が昨年とは違い、対南融和策に出ている理由は。

  「南北関係改善の必要性に言及した金正恩の新年の演説は、韓国や米国大統領の新年の演説とは違う。そこ(北)の人たちは今、どのようにすれば南北関係を改善できるかという点ばかり悩んでいる。これから経済を回復させなければならず、韓国の支援が必要ではないのだろうか。韓米連合訓練を控えて離散家族再会行事をしたり、合意した日(5日)にB52戦略爆撃機の訓練をすることに、北は自分たちを愚弄しているのではないかと考えている。しかし離散家族再会行事は実現させようという雰囲気だった」

  --南北関係改善のためには核問題の解決が優先だとうのが韓国政府の立場だ。

  「北の当局者は今年は経済がうまくいくと予想している。核があるので国防費を削減でき、国防費にかかった資金を経済分野に回せば、効果が大きく表れるというのが、北側当局者らの判断だ。これは北が核を放棄しないという意味だ。韓国と米国が北との対話で、核放棄の条件を作る努力が必要な時だ」

  パク教授は朴槿恵(パク・クネ)大統領が述べた非武装地帯(DMZ)内の平和公園造成が実現するためには、南北間の信頼醸成が必要だと述べた。このために北朝鮮の前向きな姿勢とともに、韓国がどう出るかも重要な部分だと指摘した。また「韓国が北に『誠意を見せるべき』と公開的に発言することを北は侮辱として受け止めている」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事