【コラム】朴槿恵政権の中の勝負師(2)

【コラム】朴槿恵政権の中の勝負師(2)

2014年02月06日17時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  朴大統領は器を大きくした。規制改革は国際的な公約へと大きくなった。先月、朴大統領はダボスフォーラムで演説をした。グローバル企業の最高経営者に約束した。その戦線に背水の陣が敷かれたのだ。どのように突破するのだろうか。選択と集中が必要だ。陳稔(チン・ニョム)元経済副首相(KDI国際政策大学院招へい教授)は「戦線を圧縮せよ」と注文する。改革対象は医療、観光、教育、金融、ソフトウェアのサービス産業だ。その中でも軽重と緩急をつけなければならない。デパート式の羅列は失敗する。

  盧武鉉政権の青瓦台(チョンワデ、大統領府)政策室長を歴任した金秉準(キム・ビョンジュン)国民大学教授は「洗練された戦略、電光石火の勝負意志が必要だ」とした。陳元副首相は「決然としたbig push」を強調する。彼は「漸進的アプローチ、枝葉的な規制だけを扱えば声ばかりが騒がしい。規制は大きなかたまりごと選ぶべきだ」と話す。

  玄オ錫(ヒョン・オソク)経済副首相が戦線指令塔だ。彼のオープンゲームの実績は低調だ。「爪の下のとげ」作業はかんばしくない。彼の失言(「愚かな人のせい」)は政策推進の弱点に作用する。趙源東(チョ・ウォンドン)青瓦台経済首席は地下経済の陽性化に注力した。その政策の成績表はぱっとしない。副作用は深刻だ。税務調査は荒くなった。元気な企業らの自尊心は傷ついた。企業家精神は萎縮した。

  規制改革は難題だ。玄オ錫-趙源東チームは解決者になれるだろうか。5日に述べた朴大統領の「珍島(チンド)犬精神(最後までやり遂げる意味)」を実現するのだろうか。反発と抵抗は激しいだろう。「公職社会の志気が落ちる、良い規制もなくそうとする」というデマが広がるはずだ。金文洙(キム・ムンス)京畿道(キョンギド)知事は「官僚の属性は現状維持」と話す。「大統領周辺に官僚がとても多い」という指摘だ。

  過去政権時、日没制(一定期間後、自動的に法案効力を停止する制度)』はささいな規制をなくした。代わりに力強く悪い規制が増えた。規制の影響評価制の効果も生ぬるい。玄オ錫-趙源東チームは規制の総量制を整えている。その破壊力は未知数だ。規制は朴槿恵政権の勝負どころだ。政権内部に「big pushの情熱、命を賭ける人」は探しにくい。大統領1人で実現することはできない。

  真実の瞬間(Moment of Truth)は存在する。その瞬間、詩人は絶頂の言葉をしっかりととらえる。闘牛士の決行の時だ。失敗は許されない。真実の瞬間は政策執行にもある。タイミングを捕らえる力量が必要だ。国政の勝負師が出てこなければならない。規制改革は経済を再び飛躍させる。2030世代(20~30歳)の雇用を生まなければならない。企業家精神を復活させなければならない。

  朴大統領の言葉は簡潔だ。「助けてください」という。時には切実だ。「私と命をかけます」という。規制廃止に命をかける勝負師はいないのか。

【コラム】朴槿恵政権の中の勝負師(1)
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事