現代自のスーパーボウル広告、自動車ブランドで人気1位

現代自のスーパーボウル広告、自動車ブランドで人気1位

2014年02月05日09時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
米スーパーボウルで上映された現代自動車「ジェネシス」の広告。父親と子どもの家族愛を描き感動を与えたという評価を受けた。(写真=イノーシャン)
  イノーシャンワールドワイド米国法人が作った現代自動車の米スーパーボウルでの広告が今年のUSAトゥデーによるスーパーボウル広告人気度調査で自動車ブランドのうち1位になった。スーパーボウルの試合当時に放映された全広告の中でも6位を占めた。

  3日にシアトルの優勝で幕を下ろした第48回スーパーボウルは合計57件の広告が放映された。約1億人の視聴者が見守り、広告料は30秒当たり400万ドル、1秒当たり13万ドルと過去最高だった。毎年世界的な広告制作会社がプライドをかけて出す広告作品競演の場としても有名だ。今年の試合時には現代自動車のほかフォルクスワーゲン、クライスラー、シボレーなど自動車メーカー10社が14種類の広告を放映した。

  現代自動車のスーパーボウルでの広告は「シックスセンス」という題名の「ジェネシス」の広告だ。息子が成長しながら危機の瞬間ごとに父親の劇的な助けで厳しい状況をまぬがれるという内容だ。新型ジェネシスの性能と最新安全便宜仕様を家族愛を借りて印象づけた。

  全体1位はビールブランドのバドワイザーの「子犬の愛」という題名の広告が占めた。子犬と馬の愛を描き、バドワイザー製品はエンディング以外には全く登場しない。バドワイザーとジェネシスのように家族愛、動物、ユーモアを扱った作品が今年も人気だった。USAトゥデーのスーパーボウル広告人気ランキングはパネラーとして登録した視聴者が直接オンライン投票で決めた。専門家が参加する「アドウィーク」の評価でも現代自動車の広告はバドワイザー、チェリオスに続き3位となった。

  一方、現代・起亜自動車は4日、世界2大市場である中国と北米で1月の販売実績が好調だったと明らかにした。世界最大市場である中国で現代・起亜自動車を合わせ1月に17万5000台余りを販売して月間最大販売記録を立てた。2番目に大きい米国でも現代自動車が0.7%、起亜自動車が2.0%成長しシェア8%を回復した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事