歌手RAINカムバック成績「危機克服・イメージ回復&チャンス到来」(1)

歌手RAINカムバック成績「危機克服・イメージ回復&チャンス到来」(1)

2014年01月27日17時24分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
歌手RAIN
  歌手RAIN(ピ)の24日間のカムバック活動は成功したのか、失敗したのか。

  RAINのカムバック活動は、開始前から大衆やメディアの熱い関心を集めた。「ワールドスター」の軍除隊後のカムバック自体が焦眉の関心事であった。さらに服務中の軍刑法違反論議などでイメージダウンした後だった。RAINをめぐる各種の話がカムバック活動に影響を及ぼすのか、でなければRAINが「ワールドスター」のタイトル防御に成功するのかに関心が傾くほかはなかった。そして沸き返った24日間のカムバック活動がすべて終わった。2日、6thアルバム『RAIN EFFECT』を発表して『LA SONG』と『30sexy』の2曲で歌謡番組に縦横無尽に出演した。自身の名前を掲げたリアリティー番組『RAIN EFFECT』も送りだした。各種イベントに参加して多少落ちていた認知度をアップさせる作業にもまい進した。そうやってRAINのカムバック活動はあっという間に過ぎ去った。果たして1月に降った雨(ピ)は、歌謡界をしっとりと濡らすほど充分だったのだろうか。活動成績表をつけてみた。

  ◆惜しかった新曲の成績

  1月2日、6thアルバム『RAIN EFFECT』が発表された。RAINのカムバックのニュースが伝えられてオンラインは連日熱かった。成功しそうなRAINのカムバックが目前に描かれた。だがアルバムが公開されてからの反応は意外にはやく冷めた。その中でも音源の成績は特に惜しかった。『LA SONG』と『30sexy』の2曲を同時に押したが、どちらも1位に上がれなかった。「強力な」競争曲がない状況でもチャート順位は繰り返し押し出された。「RAINの時代は過ぎ去った」という声も聞こえた。冷めた雰囲気にさらに冷水を浴びせる事件が発生する。すぐにMnetの『Mカウントゥダウン』1位とKBS(韓国放送公社)第2テレビ『ミュージックバンク』の1位受賞だった。音源チャート10~20位圏の曲が、歌謡順位番組で1位になる状況が理解できないという意見が続いた。結局、放送局側でレコード販売、放送回数などが含まれた順位算定方式を明らかにして誤解をといて一段落したが、後味はすっきりしなかった。

  ある歌謡評論家は「レコード販売がファン層に限られ、放送回数が所属事務所のパワーとつながった状況で『LA SONG』をヒット曲と見るのは難しいという意見が支配的という状況だった。歌謡順位番組の弊害まで全般的に指摘された事件だった」と定義した。

  歌の人気とは別に、パフォーマンスだけはやはり高い点数を受けた。過去の力が感じられるパワフルな振りつけや、上着をすっかり脱いだセクシーなRAINはこれ以上なかった。代わりに観客と共に息を合わせる年齢的な余裕もできた。ステージの上で自然に感じながら楽しむ姿が、ファンたちから良い評価を受けた。

歌手RAINカムバック成績「危機克服・イメージ回復&チャンス到来」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事