【噴水台】韓国文学にはなぜ村上春樹がいないのか? スター翻訳家不在のため?

【噴水台】韓国文学にはなぜ村上春樹がいないのか? スター翻訳家不在のため?

2014年01月23日10時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
イラスト=キム・フェリョン記者。
  私は作家だ。小説で登壇した後、毎年作品を発表してきたし、単行本も出してきた。11歳の時に初めて小説を書いて以来、40年間文学で怠ることはなかった。もちろんペンを折った10余年があった。熱望が才能を圧倒した若い時代、才能のみすぼらしさに怒りを抑えられなかった。振り返ってみれば、それも無謀な欲望の熱気を冷ますための習作期だったようだ。そのおかげで今は文学が私の成就のための道具ではなく、私が文学の道具になってもよいという考えに到達することができた。

  しかし文学は私の生業ではない。小説だけ書いて食べていけるとも思っていない。ハングル人口が少なく、ハングルを書く作家の市場はもともと狭い。さらに1年間に本1冊も読まない国民が30%を超え、1人あたり本の購入に2万ウォン(約2000円)も出費しないなど、本を読まないことでは世界屈指に入るため、読者もいない。こういう時代に文学で生活していくというのは考えられない。このため文壇ではK-POPやドラマのように文学韓流を願望する話が出る。

  今週の月曜日、韓国小説家協会が開催した2014新鋭作家フォーラムのテーマも「韓国小説グローバル化の道」だった。この日、詩人の高銀(コ・ウン)氏がマケドニアの「ストルーガ国際詩祭」で金冠賞の受賞者に選ばれたと伝えられていた。しかし講演をしたクォン・ヨンミン檀国大大学院教授は「韓国小説の韓流は悲観的」と結論づけた。最大の難関は翻訳者がいないということ。韓国文学翻訳院は毎年7、8冊を翻訳するが、問題は翻訳をしたからといって外国の読者が読むわけではないという点だ。翻案小説は誰が翻訳したのかが読者の選択基準となる。

  日本初のノーベル文学賞受賞作である『雪国』も、米国の有名翻訳家が翻訳したおかげで英語圏でひとまず信頼を受けることができた。村上春樹の作品を翻訳する3人の翻訳家も米国内で信頼されている翻訳家だ。現地のスター級翻訳家が現地の読者の手に本を握らせるということだ。しかし有名な外国人韓国文学専門家は一人もいない。クォン教授は、展示性の翻訳や翻訳料の支援より、実力ある外国人スター級翻訳家を育成するのに投資するべきだと述べた。いつになることやら…。

  しかし考えてみると、ポップ文化の韓流も国内ファン層が厚くなってから可能だった。文学韓流もそうだ。韓国の読者が韓国文学を先に愛してこそ、外国人も振り向く。もちろん今は映像コンテンツ時代だ。活字コンテンツは映像の感覚に追いつけない。しかし活字コンテンツは知性と感性の拡張性では卓越している。いつか読者が感覚的な満足より精神の豊かさを追求すれば、文学はまた満開するだろう。もちろん今の傾向を見ると、実力ある外国人翻訳家を育てるより、韓国読者が文学に振り向くのを待つほうがはるかに遠いと思われるが…。

  ヤン・ソンヒ論説委員
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事