<ショートトラック>オーノ「アン・ヒョンスは世界で最も美しいスケーター」

<ショートトラック>オーノ「アン・ヒョンスは世界で最も美しいスケーター」

2014年01月17日16時25分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
アン・ヒョンス(29、ロシア名ビクトール・アン)
  米国の元ショートトラック選手アポロ・アントン・オーノ(32)が“ショートトラック皇帝”アン・ヒョンス(29、ロシア名ビクトール・アン)を絶賛した。

  米NBCスポーツの解説者として来月開幕するソチ冬季オリンピック(五輪)に姿を現すオーノは17日(日本時間)に掲載されたインタビューで、「私が見るに、ビクトール・アンは技術やスケート法において世界で最も美しいショートトラック選手(the most beautiful short track skating athlete in the world)」とし、アン・ヒョンスへの称賛を惜しまなかった。

  「私は彼を2002年から見てきたし、バンクーバー冬季五輪の前にけがをするまで同じ道を歩んできた」というオーノは、選手時代に対戦したアン・ヒョンスのスケート能力を高く評価した。オーノは「27周するW杯3000メートルで私は彼のスケートを見て、勝とうと努力していたが、彼は本当に素晴らしいスケートをすると感じた」と話した。

  さらに「アン・ヒョンスはロシアに行って非常に大きな冒険をし、祖国の選手たちと競争しなければならないが、こうした姿は競技に対する彼の情熱と愛を見せている」とし、アン・ヒョンスのロシア帰化に対する評価も欠かさなかった。

  続いて「ビクトール・アンの良い点は、自分のためにスケートをし、コーチの圧力も受けず、心からスケートを愛して勝ちたいという気持ちが見えるところ」とし、ソチ五輪での活躍を期待した。

  アポロ・アントン・オーノは2002年の米ソルトレークシティー冬季五輪男子ショートトラック1500メートルでハリウッドアクション(オーバーリアクション)見せ、金東聖(キム・ドンソン)を失格にさせながら金メダルを獲得し、韓国ファンの怒りを買った。オーノは2006年トリノ冬季五輪男子500メートルでもライバル選手より速くスタートし、金メダルを獲得した。2010バンクーバー冬季五輪まで3回連続で五輪に出場したオーノは昨年4月に現役を引退した。

  2003-2007年世界選手権5連覇、2006トリノ冬季五輪3冠のアン・ヒョンスは、2011年12月にロシア国籍を取得、来月のソチ冬季五輪にはロシア代表で出場する。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事