日帝の蛮行を世界に知らせたスコフィールド氏の外曽孫「祖父が守ろうとした韓国を見たかった」

日帝の蛮行を世界に知らせたスコフィールド氏の外曽孫「祖父が守ろうとした韓国を見たかった」

2013年12月27日14時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
「青い目の抗日独立闘士」スコフィールド博士の外曽孫にあたるコール・クロフォードさんは25日、ソウル大学スコフィールドホールの前にかかった祖父の肖像の前で「勇気と信念、それがまさに祖父が私に残した遺産」と話した。
  「三一独立運動」の勢いが全国に広がっていた1919年4月15日。日帝は京畿道華城(キョンギド・ファソン)の堤岩里(チェアムリ)で住民たちを教会に閉じ込めた後、火を放って残酷に虐殺した。それから2日後、消息を聞いたあるカナダ人が現場を訪れてその凄惨な光景を写真に収めた。フランク・ウィリアム・スコフィールド(Frank William Schofield・1889~1970)博士。彼が記録した話と写真は、その年の9月に中国上海の有力英字紙「チャイナプレス」で連日報道された。日帝の蛮行が世界に一つひとつ伝えられた始発弾だった。

  独立宣言書に署名した33人と一緒に「34番目の民族代表」と呼ばれるスコフィールド博士の外曽孫コール・クロフォード(Cole Crawford・20)さんも祖父の勇気と献身をしっかりと覚えていた。クロフォードさんは社団法人タイガー・スコフィールド記念事業会の招きで韓国を訪問した。

  25日にソウル大学獣医大のスコフィールドホールで会った彼は「韓国人の独立のために戦った祖父の信念を深く尊敬する」として「韓国に初めて来たが、古い友人の家を訪れたように感激している」と話した。クロフォードさんは現在カナダのゲルフ大学で経営学を専攻している。9月から香港の嶺南大学に交換留学生として来ていて、記念事業会と連絡がつき、祖父の痕跡を探して韓国の地を踏んだ。

  彼は「幼い頃から母を通じて祖父の話をたくさん聞いた」として「祖父がそのようにして守ろうとした韓国という国がどんな所なのか、どうしても訪れて確認したかった」と言った。彼は「スコフィールド博士はカナダのトロントに銅像が立てられたぐらい尊敬された人」としながら「人生の見本にしている」と話した。スコフィールド博士は1916年、医療宣教師として韓国にきて1919年「堤岩里虐殺事件」を世の中に伝えたという理由で翌年、日帝によって追放される。虎のように固い意志で韓国人を助けるとして自身の名前を「石虎弼」にした。1958年、ソウル大獣医大教授に任用されて再び韓国に来た彼は1970年、ソウルで生涯をとじた。外国人として最初に国立顕忠院愛国の志士墓地に安置された。

  クロフォードさんは22日に入国し、ソウル大博物館で開かれているスコフィールド博士回顧展に参加した。彼は「祖父が韓国で行った行為を覚えていて、行事まで開いてくれることに感謝申し上げる」として「私も、どんな形でも他人を助けて生きていきたい」と話した。彼は26日、スコフィールド博士の弟子である鄭雲燦(チョン・ウンチャン)元首相と昼食を共にして祖父の生前の様子を再確認する予定だ。27日には華城の堤岩里を訪問して顕忠院の祖父の墓地を参拝する。

  彼の夢は、再生エネルギーなど環境分野事業に従事することだ。クロフォードさんは「世の中に良い影響を及ぼせる方法について常に考えてきた」として「可能なら韓国やアジア地域で仕事をしてみたい」と語った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事