Crayon Pop、盗作解明「鳥肌が立った偶然の一致」

Crayon Pop、盗作解明「鳥肌が立った偶然の一致」

2013年12月06日09時54分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
Crayon Pop(クレヨンポップ)。
  ガールズグループ、Crayon Pop(クレヨンポップ)が最近提起された盗作論議と関連し、自らの立場を伝えた。

  Crayon Popは5日、韓国の日刊スポーツのインタビューで「鳥肌が立つ程の偶然の一致だと考える」とし、盗作でないという立場を明確にした。Crayon Popは先月26日に公開した新曲『クリスマス』の衣装と歌が盗作疑惑を受けた。まず、クリスマスツリーを連想させるコンセプト衣装は日本のグループ、ももいろクローバーZがカレンダーで披露したものと似ているという疑惑を受けた。新曲の導入部は日本の有名なアニメ『ルパン3世』主題が導入部と似ているという主張が提起された。

  『パパパ』に続き再び盗作論議がおきて、チームのイメージにも少なくない打撃を受けた。Crayon Popは「(盗作に関連しては)会社で十分に話したと思う。しかし、クリスマスといえば誰でもツリーを考える。町内の子供もそのように考えるだろう。(コンセプトが類似したのは)偶然の一致だと考える。不思議で鳥肌が立つ」と明らかにした。

  先立って『クリスマス』を作曲したキム・ユミンは自身のフェイスブックに「『クリスマス』はレファレンス(参考資料)もなしで作った純粋な創作物だ。もしルパン3世のイントロの部分をコピーする意図だったらバカでない限り絶対似ているように聞こえるようにしなかっただろう」と主張した。

  Crayon Popの新曲『クリスマス』はパンクとディスコに基盤を置いたダンス曲だ。Crayon Pop特有の中毒性の強いメロディにまねしやすい振付けが特徴だ。トーレードマークであるヘルメットには宝石の飾りなどが加わり、『パパパ』よりアップグレードされた。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事