<野球>阪神、呉昇桓を“韓流スター”へ

<野球>阪神、呉昇桓を“韓流スター”へ

2013年11月25日13時18分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
呉昇桓(オ・スンファン)。
  日本プロ野球の阪神タイガースが新しく獲得した抑え投手の呉昇桓(オ・スンファン)を「韓流スター」にする計画を立てていることが分かった。

  日本のスポーツ報知は25日、「阪神が呉昇桓をを“韓流スター”として担ぎ出す計画を立てている」とし「韓国人助っ人に対し、マウンドだけでなく人気面でもソロバンをはじいている」と報じた。阪神は呉昇桓の獲得が球団マーケティングにも大きく役立つと確信しているのだ。阪神は2010年から3年連続で観客300万人を達成できなかった。

  阪神は今回、韓国通算277セーブの呉昇桓の獲得で、韓国の野球ファンの関心を阪神に引きつける良い機会だと考えている。日本国内で呉昇桓に対する関心度も高いと期待している。阪神の関係者はスポーツ報知のインタビューで「ファンに喜んでもらえるサービスを考えていきたい。いろいろと検討していく」と述べた。

  現在、阪神は球団ホームページでの韓国語サイト開設を検討している。韓国で呉昇桓の人気が絶対的であるだけに、接続回数も増えるというのが阪神の計算だ。個人商品の開発および「呉昇桓のキムチ丼」など球場の看板メニューも積極的に企画していく方針だ。

  高いテレビ中継権交渉も阪神が期待しているものの一つだ。同紙は「2011年に朴賛浩(パク・チャンホ)と李承ヨプ(イ・スンヨプ)の韓国2大スターを獲得したオリックスは、主催試合の放映に関し、韓国の放送局SBSと年間1億円(推定)の契約で合意しており、放映権も魅力的だ」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事