暁星、ナイロンを上回る新素材を世界で初めて開発=韓国

暁星、ナイロンを上回る新素材を世界で初めて開発=韓国

2013年11月05日15時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
暁星(ヒョソン)が独自開発した高分子化学素材「ポリケトン」。
  暁星(ヒョソン)が高分子化学素材である「ポリケトン(Polyketone)」を独自の技術で開発し、世界初の商用化に向けて動き出した。暁星はこれから2年以内に年間5万トン規模のポリケトン量産システムを整え、2020年まで1兆ウォン台の付加価値を創出すると4日、発表した。

  暁星は同日、ソウル中区太平路(チュング・テピョンノ)に位置する韓国プレスセンターで記者懇談会を開き、ポリケトンの開発・商業化に成功したことを発表した。ポリケトンは一酸化炭素・エチレン・プロピレンなどを利用して作られた環境に配慮した高分子素材で、自動車・電子・産業資材部品に使うことができる。暁星技術院の禹相善(ウ・サンソン)院長は「ナイロンに比べてポリケトンは衝撃に耐える力が2.3倍強く、化学物質に対する安定性は1.4~2.5倍に上る」とし、「現存する最も丈夫な素材のポリアセタール(POM)より、14倍以上強い物質」と述べた。禹院長は「自動車の燃料系統の部品、電子製品の内・外装材などで脚光を浴びるだろう」と説明した。

  このような物性のため、暁星の李相雲(イ・サンウン)副会長は「1938年にナイロンが開発されて以降、業界では(ポリケトンを)75年ぶりに登場した革命的な素材と呼んでいる」と自慢した。暁星は、国内133件、米国・欧州・中国など海外27件の関連特許出願・登録を終えている。

  ポリケトンは70年代以降、英国系の石油会社シェルなどが量産化に挑戦していたが、触媒剤の開発から上手くいかず、失敗続きだったことが知られている。暁星は2004年、趙錫來(チョ・ソクレ)会長の指示で研究を始め、10年間に500億ウォン(約46億2580万円)を投資した末、ようやく独自開発に成功した。暁星関係者は「通貨危機の最中に(暁星は)エンジニアリング・プラスチック事業部を売却するつらい経験をした」とし、「これにめげず最高経営者が『今まで世の中になかった素材を開発せよ』という特命を下し、根気よく推し進めた結果、世界における素材の歴史で一線を画す成果を挙げることができた」と述べた。

  暁星は昨年3月、蔚山(ウルサン)龍淵(ヨンヨン)工場に1000トン規模のポリケトンの生産施設を作り、試験稼動を行っていた。最近1年間、韓国・ドイツなど約100社に試作品を供給し、その品質について認証を受けている。追加で注文も受けた状態だ。このような評価をもとに、暁星は2年以内に2000億ウォンを投資し、年産5万トン規模のポリケトン工場を建てる計画だ。2020年まで1兆500億ウォン台の追加投資を検討している。市場の見通しは楽観的だ。ポリケトンを含むエンジニアリング・プラスチック市場は、昨年851万トン(60兆ウォン)から2015年977万トン(66兆ウォン)に増える見通しだ。暁星は、今後この分野で市場占有率30%を占めるという目標も提示した。ポリケトンが既存の素材を代替しつつ2020年まで1兆ウォン台の付加価値を創出し、前後方の産業の効果を含めて10兆ウォン台の収益を出すだろうと見込んでいる。李副会長は「8700の新規雇用を創出することができるだろう」と期待した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事